閉じる

今牧輝琉&井澤勇貴、「新テニミュ」で見せつけた“兄弟感”の秘訣は?

2022/10/05 18:30

今牧輝琉(写真右)&井澤勇貴(写真左)
今牧輝琉(写真右)&井澤勇貴(写真左)撮影=大石隼土

人気コミック「新テニスの王子様」を原作とした「ミュージカル『新テニスの王子様』」(新テニミュ)が、シリーズとして始動したのは2020年12月のこと。「テニスの王子様」の“その後”を描く原作コミックと同様、越前リョーマらおなじみの中学生プレイヤーの進化や激闘が、新キャラクターも多数交えて華やかなミュージカルで描かれる。

これまで2作が上演されてきた「新テニミュ」だが、10月6日(木)よりライブイベント「ミュージカル『新テニスの王子様』Revolution Live 2022」が開催。公演の垣根を越えて、総勢36キャラクターが幕張メッセに集結する。ファン待望のスペシャル公演を前に、越前リョーマを演じる今牧輝琉、そしてその兄・越前リョーガを演じる井澤勇貴がアツく語り合うクロストークをお届け。なお10月5日(水)発売の「週刊ザテレビジョン」でも2人のグラビア&インタビューを掲載中!こちらも「レボライ」開幕前にお見逃しなく。

リョーマ、リョーガ、南次郎…「新テニミュ」第2弾で“越前家”がそろった

――お2人は「ミュージカル『新テニスの王子様』The Second Stage」で初共演でした。兄弟役を演じる上で意識していたことはありましたか?

今牧:これといった意識はしていないんですけど…「The Second Stage」を観劇してくれた母に「ベンチワーク(ベンチでの振る舞い)、似過ぎ!」と言われました(笑)。後で勇貴くんに聞いたら「寄せてるつもりはないよ」って。僕もそうだったのでうれしかったです。

井澤:僕は今牧くんに寄せるというより、お父さん(越前南次郎)を意識しました。リョーガがどういう人なのか、何をもくろんでいるのか、公演中の時点では原作でもあまり分かっていなくて。だからどうしようかな、と。僕は普段2.5次元ミュージカルに出演するとき、声優さんのエッセンスを少し取り入れて作り上げていきたい派なんです。その上で「今回はどうしよう」と考えたときに、南次郎役の松山鷹志さんがアニメにも同じ役で出演されている方だったので、これはもうお父さんに寄せていこうと。

それでラフな感じやしゃべり方、ひょうひょうとしているけど計り知れないほど強い、という部分を寄せて作っていったら、弟(リョーマ)といいバランスになるんじゃないかと思いました。リョーマはクールでテニスが強い。その兄はひょうひょうとしているけど、さらに強いんじゃないか…というような。そういうバランスを見せるためにも、南次郎に寄せていきました。

「文字が止まんなくて…」“テニミュの天衣無縫”の真意

――公演中は井澤さんの“テニミュの天衣無縫”状態が止まりませんでした。SNSでも「新テニミュ」の魅力をアツく語っていらっしゃいましたが…。

井澤:全然記憶がなくて…(笑)。今年1年、毎日SNSを更新する約束をファンの方たちとしていたんですが、普段は「今日は何をツイートしようかな」と考えるんですよね。でも公演中は、Twitterを開いた途端ババババ~ッて文字が止まんなくて(笑)。

――今振り返って、「新テニミュ」の何が井澤さんをそうさせていたのでしょう?

井澤:それは選抜メンバーのパワーです。「The Second Stage」の序盤、中学生が高校生に「俺たちにもテニス、教えてくださいよ」と言うシーンがあるのですが、役と役者がシンクロしてるなって。若い子たちが年上の役者たちに挑戦状をたたきつけている感じが僕はすごく好きだったんです。僕たちは舞台上から、試合もベンチも全部見ているじゃないですか。だから客観的に「ここ、いいなぁ」というところがあるんですよ。例えば僕が仁王のいいところを見つけたとして、そのときに歌っているのが跡部だったら、きっとみんな跡部を見ると思うんです。「でも、このシーンは仁王もいいよね」っていうのを伝えたい!と思って。

今牧:そういうことだったんですね!

井澤:だからひたすらみんなの「アイツのここがヤベェ」っていうことを書きたかっただけなんです。多分「レボライ」でもやります(笑)。

――今牧さんは、「新テニミュ」で高校生チームから影響を受けたことはありますか?

今牧:勇貴くん以外なら、輝馬さんですかね。役柄もあったと思うんですけど、自由っていうか。輝馬さんや勇貴くんは毎回空気感やセリフが違ったり、“段取り”じゃなく、その場で生まれたものを表現している感じがすごいなと思っていて。ほかの高校生キャラの方もそうでしたが、役柄的に分かりやすかったです。「ミュージカル『テニスの王子様』4thシーズン」でも参考にさせてもらいました。

――自由な高校生ベンチをどうご覧になっていましたか?

今牧:うらやましかったです(笑)。あんまり高校生に見えないキャラもいましたが、「高校生だなぁ」って。入江やリョーガ、遠野、毛利なんかは、クラスにああいう人いたなぁって感じでした(笑)。

下に続きます
取材=井上明日香/構成・文=立花ネコ/スタイリスト=藤長祥平/ヘア&メーク=小山清香、小田切奈緒/衣装協力=ALLSAINTS、amp japan

■ミュージカル『新テニスの王子様』Revolution Live 2022
【公演期間】10月6日(木)~10月10日(月)
【会場】千葉・幕張メッセ 幕張イベントホール
【出演】
<中学選抜メンバー>
今牧輝琉、山田健登、寶珠山駿、GAKU、益永拓弥、高橋怜也、吉田共朗、蔵田尚樹、川本光貴、前田隆太朗、長塚拓海、武本悠佑、松島博毅、平松來馬
<U-17(アンダーセブンティーン)選抜メンバー>
藤田玲(特別出演)、秋沢健太朗、大久保圭介、井澤勇貴、小野健斗、岡本悠紀、相葉裕樹、泰江和明、畠山遼、星乃勇太、輝馬、楚南慧、丸山龍星、チャンヘ、松島勇之介、宮垣祐也、田内季宇、高橋駿一、YUKI
<コーチ>
村上幸平、和泉宗兵、進藤学、岸祐二

(C)許斐 剛/集英社・新テニミュ製作委員会
ザテレビジョン 首都圏関東版 2022年10/7号
ザテレビジョン 首都圏関東版 2022年10/7号
KADOKAWA (著)
KADOKAWA
発売日: 2022/09/28
テニプリパーティー (愛蔵版コミックス)
テニプリパーティー (愛蔵版コミックス)
許斐 剛 (著)
集英社
発売日: 2019/08/02

画像一覧
2

  • 今牧輝琉(写真右)&井澤勇貴(写真左)
  • 「ミュージカル『新テニスの王子様』Revolution Live 2022」キービジュアル

関連ニュース

  • 「テニプリ☆ソニック2022-おてふぇす in ⽇本武道館-」が開催!※提供写真

    “テニプリ”の世界に酔いしれるライブイベント「テニプリ☆ソニック―」開催!城田優&加藤和樹のデュエットも<イベントリポート>

    2022年7月2日18:35
  • 舞台「裸足で散歩」でコメディ初挑戦の加藤和樹

    加藤和樹「嘘を本物にするのが役者の仕事」原点・テニミュから今に至る“表現”の軸を語る

    2022年9月12日8:30
  • ミュージカル『新テニスの王子様』The Second Stageが開幕!

    「新テニミュ」中学選抜メンバーと“Genius10”死闘の行方は…「The Second Stage」熱く開幕!

    2022年1月28日21:00
  • 今牧輝琉(右)、山田健登(左)

    新たな歴史を紡ぐ「テニミュ」4thシーズン開幕!「僕たちが土台を作る」今牧輝琉&山田健登の決意

    2021年7月30日12:30
  • 初の試みとなるテニミュ文化祭メインステージ。今回来られなかったキャストからのコメントメッセージが流れることも

    裏話や本公演では絶対にない学校の垣根を超えた企画が満載!テニミュ文化祭レポート

    2018年12月6日21:00

関連人物

  • No Image

    今牧輝琉

  • No Image

    井澤勇貴

  • イラストコラム「いつもテレビをみています」

    イラストコラム「いつもテレビをみています」

  • 【冬ドラマまとめ】2023年1月期の新ドラマ一覧

    随時更新中!【冬ドラマまとめ】2023年1月期の新ドラマ一覧

  • コミック試し読みまとめ

    話題の作品がいっぱい!コミック試し読みまとめ

  • 第113回ザテレビジョンドラマアカデミー賞

    結果発表!第113回ザテレビジョンドラマアカデミー賞

  • アイドルにとって“恋愛”は悪?「ジルコニアのわたし」

    オリジナルコミック連載!アイドルにとって“恋愛”は悪?「ジルコニアのわたし」

  • 【秋アニメまとめ】2022年10月期の新アニメ一覧

    随時更新中!【秋アニメまとめ】2022年10月期の新アニメ一覧

もっと見る