閉じる

<四畳半タイムマシンブルース>まさしく“悪魔的融合”配信限定エピソード込みで「無限ループ」不可避

2022/10/14 12:01

「四畳半タイムマシンブルース」配信限定エピソードより
「四畳半タイムマシンブルース」配信限定エピソードより(C)2022 森見登美彦・上田誠・KADOKAWA/「四畳半タイムマシンブルース」製作委員会

作家・森見登美彦の小説「四畳半神話大系」と、ヨーロッパ企画の代表・上田誠の戯曲「サマータイムマシン・ブルース」が“悪魔的融合”を遂げて誕生した「四畳半タイムマシンブルース」。そのアニメ版の最終話となる第5話が、10月12日に配信された。第5話が終わったところで感じたのは、まさしく“悪魔的融合”を遂げた作品だったということだった。もちろん、いい意味で。(以下、ネタバレを含みます)

「四畳半タイムマシンブルース」のストーリーは…

「四畳半タイムマシンブルース」より
「四畳半タイムマシンブルース」より(C)2022 森見登美彦・上田誠・KADOKAWA/「四畳半タイムマシンブルース」製作委員会


京都・左京区のオンボロアパート・下鴨幽水荘が舞台で、主人公はバラ色のキャンパスライフを夢見ていた「私」、悪友の小津、そして黒髪の乙女・明石さん。12年の年月を超えて、「四畳半神話大系」の世界が記憶の中で鮮やかによみがえる。そこに、「サマータイムマシンブルース」のストーリーが乗っかってくる。

オリジナルは、とある大学のSF研究会の部室を舞台に、突如現れたタイムマシンを使って、壊れたクーラーのリモコンを“昨日”に行って取り戻すために奔走する物語。“タイムマシン”を使う、あるいは“タイムリープ”する作品で戒律のような形で禁じられているのが、“歴史を変えてしまう”こと。この物語でも、過去を変えてしまうことで現在が、もっと言えば“世界”が消滅してしまうのではないかと危惧し、必死で辻褄を合わせようと努力する。それでもやっぱりいるんです。そんなことを気にしない自由奔放なキャラが。この作品の場合、自由なキャラの方が多過ぎて、歴史修正は「私」と明石さんの2人にかかっているような感じに。

“昨日”と“今日”のキャラクターたちが入り混じり、混乱を極める中で、99年前に行ってしまって“伝説”を作った人物もいる。第5話は、そんなカオスな物語の帰結点となるわけだが、これが結構複雑で、理解するのに時間を要した。

一つは、この騒動のきっかけとなったクーラーのリモコンの行方。“昨日”、小津が飲み物をこぼしてダメになってしまったクーラーを、“今日”から“昨日”へとタイムスリップしてダメになる前のリモコンを救出したが、過去を変えると世界が消滅するので“昨日”へと戻そうとする。

無事戻せたと思ったら、それを羽貫さんが持ち出してしまい、“今日”ではない何処かへ。その経緯は第5話で年表のようにして「私」が説明しているので、ぜひそれを確認してもらいたい。今日を起点に、99年前に行ったり、25年後に行ったり、一番のタイムトラベラーは“リモコン”だった。明石さんがポツリと言った通り、“時をかけるリモコン”である。125年にわたるリモコンの生涯(?)は壮絶なもの。

第5話では、もう一つおかしな現象が起きている。それは、“昨日”に行った「私」が、タイムマシンを使わずに“今日”に自力で戻ってきたこと。実はずっと押し入れにいて、209号室で昨日起こったことを全て目撃して、そのまま今日になったということだが、そんなふうにして昨日から今日へと移動することは、時間の流れに身を任せたわけなので普通と言えば普通だが、瞬時には理解しづらい現象だった。

もう一つ、すっかりなじんでしまっているが、田村くんは25年後の世界からタイムマシンでやってきた未来人。未来の下鴨幽水荘に住んでるという、単なる“後輩”かと思っていたら、彼のカバンの中から出てきた“もちぐま”によって正体が明らかになった。

時空を超えたドタバタ劇が“完結”

「四畳半タイムマシンブルース」配信限定エピソードより
「四畳半タイムマシンブルース」配信限定エピソードより(C)2022 森見登美彦・上田誠・KADOKAWA/「四畳半タイムマシンブルース」製作委員会


第5話の冒頭で、「私」が明石さんと最初に出会った時の回想シーンが流れたが、それが伏線になっていたとは。“もちぐま”は明石さんのお気に入りのキャラということで、田村くんは明石さんの息子。それを知った瞬間から、「私」が考えることは“誰が父親か?”ということだけ。「そんなこと言えるわけないじゃないですか。僕にだってタイムトラベラーとしての自覚はありますから」という田村くん( “田村”も偽名だと告白)。もっさりしたキャラだが、父親は誰なのか知りたくて食い下がる「私」に、「未来は自分で掴み取るものです」とかっこよく言い放った時の田村くんは間違いなく“イケメン”だった。結果的に、その言葉が「私」の後押しになったようだが。

この時間を超えたドタバタを、明石さんは“1冊の本”に例えて話していたが、確かに、読んでいる時は、その先のストーリー展開は見えてないので、いろいろと手を尽くしたところで、そうなる運命だったのかもしれないと納得してしまった。

下に続きます
■【公式】Disney+(ディズニープラス)で「四畳半タイムマシンブルース」を見る
https://www.disneyplus.com/ja-jp/series/the-tatami-time-machine-blues/

■【公式】Disney+(ディズニープラス)
https://disneyplus.disney.co.jp/

▼ ディズニープラス特集ページはこちら
ディズニープラス特集
四畳半タイムマシンブルース【電子特典付き】 四畳半シリーズ (角川文庫)
四畳半タイムマシンブルース【電子特典付き】 四畳半シリーズ (角川文庫)
森見 登美彦 (著), 上田 誠 (その他)
KADOKAWA
発売日: 2022/06/10
四畳半神話大系 四畳半シリーズ (角川文庫)
四畳半神話大系 四畳半シリーズ (角川文庫)
森見 登美彦 (著)
KADOKAWA
発売日: 2008/06/01

画像一覧
13

  • 「四畳半タイムマシンブルース」配信限定エピソードより
  • 【写真】ウソのような本当のタイムマシンに群がる下鴨幽水荘のメンバーたち
  • 「四畳半タイムマシンブルース」配信限定エピソードより
  • 「四畳半タイムマシンブルース」より
  • 「四畳半タイムマシンブルース」より
  • 「四畳半タイムマシンブルース」より
  • 「四畳半タイムマシンブルース」より
  • 「四畳半タイムマシンブルース」より
  • 「四畳半タイムマシンブルース」より
  • 「四畳半タイムマシンブルース」より
  • 「四畳半タイムマシンブルース」より
  • 「四畳半タイムマシンブルース」より
  • 「四畳半タイムマシンブルース」ポスタービジュアル

関連ニュース

  • 「四畳半タイムマシンブルース」より

    <四畳半タイムマシンブルース>“今日”と“昨日”、身近な人物が複雑に絡み合うタイムリープの妙に脱帽

    2022年9月29日14:54
  • 「四畳半タイムマシンブルース」脚本の上田誠氏にインタビューを行った

    上田誠氏、ターニングポイントは「ヨーロッパ企画の『サマータイムマシン・ブルース』初演」

    2022年9月14日19:06
  • 「四畳半タイムマシンブルース」で浅沼晋太郎が声を担当する「私」(画像中央)

    浅沼晋太郎、“歪んだ愛情”すら覚えるキャラを好演「四畳半タイムマシンブルース」でも“早口セリフ”健在

    2022年9月28日7:10

関連番組

No Image

四畳半神話大系

出演者:浅沼晋太郎 坂本真綾 吉野裕行 藤原啓治 諏訪部順一 甲斐田裕子 

関連人物

  • 浅沼晋太郎

    浅沼晋太郎

  • 坂本真綾

    坂本真綾

  • 吉野裕行

    吉野裕行

  • 中井和哉

    中井和哉

  • No Image

    諏訪部順一

  • 佐藤せつじ

    佐藤せつじ

  • No Image

    甲斐田裕子

  • No Image

    本多力

  • No Image

    夏目真悟

  • No Image

    上田誠

  • No Image

    森見登美彦

  • イラストコラム「いつもテレビをみています」

    イラストコラム「いつもテレビをみています」

  • 【春ドラマまとめ】2023年4月期の新ドラマ一覧

    随時更新中!【春ドラマまとめ】2023年4月期の新ドラマ一覧

  • コミック試し読みまとめ

    話題の作品がいっぱい!コミック試し読みまとめ

  • 【春アニメまとめ】2023年4月期の新アニメ一覧

    随時更新中!【春アニメまとめ】2023年4月期の新アニメ一覧

  • アイドルにとって“恋愛”は悪?「ジルコニアのわたし」

    オリジナルコミック連載!アイドルにとって“恋愛”は悪?「ジルコニアのわたし」

  • =LOVEの野口衣織 連載「いおはにほへと。~神アニメ×神セリフ=♡~」

    =LOVEの野口衣織 連載「いおはにほへと。~神アニメ×神セリフ=♡~」

もっと見る