閉じる

波瑠、成田凌、杉咲花ら共演…ラブストーリー「弥生、三月 君を愛した30年」がdTVで配信スタート

2022/11/16 18:50

「弥生、三月 君を愛した30年」
「弥生、三月 君を愛した30年」(C) 2020「弥生、三月」製作委員会

「家政婦のミタ」「女王の教室」など数多くのヒットドラマを手がけた脚本家・遊川和彦がオリジナル脚本を書き下ろし、波瑠、成田凌、杉咲花ら豪華キャストを迎えた映画「弥生、三月 君を愛した30年」が映像配信サービス・dTVにて配信スタートした。

「弥生、三月 君を愛した30年」ストーリー


物語の始まりは、1986年の3月。主人公の結城弥生(波瑠)は、通学途中でサンタこと山田太郎(成田凌)と出逢う。弥生は、クラスでのいじめに堂々と立ち向かい、曖昧な態度の担任教師に鋭く指摘するほど正義感に溢れた熱血女子。それはすべて、嫌がらせの対象になっていた入院中のクラスメイト・渡辺サクラ(杉咲花)のためだった。弥生を通してサンタもサクラと知り合い、3人は友情を育んでいく。

ところが、サクラは卒業を前にして病死。大切な親友を喪った2人は、惹かれ合う気持ちを感じながらも、いつものとおり冗談を言いながら別々の道へ進む。月日は経ち、弥生は夢を叶えて教師になった一方で、別の彼女と結婚するもなかなかうまくいかず落ちぶれた生活を送るサンタ。ふたりは、運命に導かれるように再会し、切ないすれ違いを繰り返していく。

豪華キャストが集結!


本作の大きなポイントは、弥生とサンタが過ごす30年間の「3月だけ」を切り取って構築していること。高校時代の淡い青春から、就職や結婚という岐路、さまざまな事件が起こる「3月」を、毎年咲く桜の花を軸に描いていく。

波瑠は、エネルギッシュな10代から、試練に翻弄される40代まで、すべての世代を丁寧に熱演。サンタへの想いを抱えながらも自らの道を歩く、リアルな人生模様に誰しも共感してしまうはずだ。

また、同じく長い年月を演じ分けてサンタの一生を表現する成田凌、ふたりの人生に大きな影響を及ぼすサクラ役でピュアな存在感を示す杉咲花をはじめ、共演陣も豪華。

複雑な親子関係に悩むサンタの息子・あゆむ役に岡田健史、弥生の夫・白井卓磨役に小澤征悦、サンタの母親・真理亜役に黒木瞳など、実力派キャストによる重厚な人間ドラマに注目だ。

30年という月日の流れから、かけがえのない愛を浮き彫りにする「弥生、三月 君を愛した30年」はdTVにて配信中。

この記事はWEBザテレビジョン編集部が制作しています。

▼「弥生、三月 君を愛した30年」をdTVで視聴する▼
https://bit.ly/3DvMPQc

dTV公式サイト
https://video.dmkt-sp.jp/

dTVに関する情報まとめサイト
https://info.dtv.jp

画像一覧
1

  • 「弥生、三月 君を愛した30年」
  • 「ザテレビジョン」からのプレゼント!

    「ザテレビジョン」からのプレゼント!

  • 【春ドラマ】2024年4月期の新ドラマまとめ一覧

    随時更新中!【春ドラマ】2024年4月期の新ドラマまとめ一覧

  • 【夏アニメまとめ】2024年7月期の新アニメ一覧

    随時更新中!【夏アニメまとめ】2024年7月期の新アニメ一覧

  • 【夏ドラマ】2024年7月期の新ドラマまとめ一覧

    随時更新中!【夏ドラマ】2024年7月期の新ドラマまとめ一覧

  • 第120回ザテレビジョンドラマアカデミー賞

    投票〆切は7/5!第120回ザテレビジョンドラマアカデミー賞

  • コミック試し読みまとめ

    話題の作品がいっぱい!コミック試し読みまとめ

もっと見る