【クリエまとめ】Love-tune、宇宙Six、MADE、Snow Manが魅せた“ジャニーズJr.”のアツいステージ

2017/06/18 20:00 配信

芸能一般

恒例となったジャニーズJr.のライブ祭りが、大盛況で幕を閉じた

恒例となったジャニーズJr.のライブ祭りが、大盛況で幕を閉じた

東京・シアタークリエで開催のジャニーズJr.のライブ「ジャニーズ銀座2017」が大盛況で幕を閉じた。

Love-tune「未来を一緒に見に行きますか?」と力強くメッセージ

5/11~17(水)に出演したLove-tune(真田佑馬、安井謙太郎、森田美勇人、諸星翔希、萩谷慧悟、阿部顕嵐、長妻怜央)のライブの初日公演をリポート!

客席通路にメンバーが登場するうれしいサプライズで幕を開けたLove-tune公演。オープニングナンバーは、彼らのオリジナル曲「CALL」。安井が「Oh my god」と腰をくねらせシャウトすれば、早くも観客のボルテージは最高潮に。気迫と勢いを感じさせる7人のパフォーマンスに、観客も「ヘイ!」と大きな声で応える。体が熱くなるほどの一体感。

「もっともっといくよ! 俺についてきて!」と諸星が会場をあおり、「レスキューレスキュー」へ。その後も「Keep the faith」「自分のために」と彼らの武器であるバンドスタイルを最大限に生かしたロックな楽曲を披露し、これでもかと会場を盛り上げた。

また、「日本の和を表現した」というコーナーでは諸星が和太鼓に挑戦。萩谷のドラムとのセッションで会場を沸かせた。続いて、和のアレンジが印象的な「MOON」「PSYCHO」「SHE! HER! HER!」を連続で披露。着物を着た7人が歌い踊る姿はとても艶やかで、色っぽく、その美しさに会場のファンは目を奪わる。

中盤では、白シャツに黒いネクタイ、黒いジャケットとクールに決めた7人が「My Love」をムーディーに魅せる。メンバーが椅子を使って踊る中、森田一人がソロでダンス。照明で切り離された空間は、まるで森田と6人が違う世界で踊っているようにも見えた。切なくもエモーショナルな演出は、鳥肌モノのカッコ良さだ。

後半戦では、修学旅行設定のコントや諸星が先生となって会場と一緒にエクササイズをする恒例の“モロササイズ”といったお笑いコーナーも大充実。歌やダンス、楽器にとどまらず、笑いの面でもファンを楽しませた。

そして、アンコールでは萩谷作曲、真田作詞の新曲も演奏。「世界を変えていこうよ」という前向きな歌詞が印象的なナンバーは「メンバーとファンのために作った」と真田が語ったように、彼らからファンへのプレゼントだ。

最後のあいさつでは、メンバーを代表して安井が「ファンがいかに心強いか身にしみて分かった」とファンに感謝を。「未来を一緒に見に行きますか? これからも付いてきてください!」と力強くメッセージを送った。

宇宙Sixの記念すべき初ステージ (2/4)

「ジャニーズ銀座2017」