【クリエまとめ】Love-tune、宇宙Six、MADE、Snow Manが魅せた“ジャニーズJr.”のアツいステージ

2017/06/18 20:00 配信

芸能一般

恒例となったジャニーズJr.のライブ祭りが、大盛況で幕を閉じた

恒例となったジャニーズJr.のライブ祭りが、大盛況で幕を閉じた

念願叶ったコラボのステージに大喜びの宇宙Six&MADE

宇宙Six(江田剛、山本亮太、林翔太、松本幸大、目黒蓮、原嘉考)とMADE(稲葉光、福士申樹、秋山大河、冨岡健翔)のライブ(5/21〜5/25(木))初日公演の模様をリポート!

オープニングは宇宙SixとMADEのメンバーのシルエットが浮かび上がり、「Crazy moon ~キミ・ハ・ムテキ~」で幕開け。ダイナミックなフォーメーションダンスで観客をのっけから完全魅了。続いてMADEが「SHOCK ME」、宇宙Sixが「Devil or Angel」を歌ってバトルを繰り広げ、会場のテンションを加速させていく。

ふたつのグループのコラボライブだからこそ魅せられるスペシャルなステージとなったのが、シャッフルメドレー。江田、林、稲葉、原が「MADE IN JAPAN」でキレ味満点なシャープなダンスを見せたかと思いきや、福士、江田、稲葉が「クルトン」で肩を組むなど、キュートな振りを。他にも林と稲葉が抜群の歌唱力で「スワンソング」をしっとり歌うなど、バラエティーに富んだ選曲で彼らの魅力をフル発揮! ベストな組み合わせを試行錯誤してセットリストを決定した結果、すべてのメンバーがシャッフルメドレーの曲を踊れるようになったというから驚きだ。

さらに中盤では、シックな黒のスーツを着た10人が大人数ならではの迫力で「REAL DX」を熱唱し、息の合ったダンスを見せつけた。

MC&コントコーナーでは、以前から「MADEと宇宙Sixで合同で何かやりたい」と言い続けてきて、今回のステージで念願叶ったと喜ぶ10人。最年少メンバーである原と目黒が「ふたり合わせて、原目黒で〜す!」と自己紹介コントをすると、「そんなの誰にでもできるでしょ!」と秋山と稲葉が「ふたりあわせて稲葉のタイカレーです!」とお手本を見せるなど、終始わちゃわちゃモード。学ランを着て挑んだ学園コントでは、冨岡が先生役で学校イチのマドンナ役を松本が熱演。一番飛ばした人が松本に告白する権利を与えられる“カツラ飛ばしゲーム”に挑む。勝者の福士が「親衛隊の立場ですが、好きでした!」と告白するも、松本に「なんで過去形? …ゴメンなさい!」とあっさり振られるという残念な結末で笑いをとっていた。

後半戦は、宇宙Sixが『Daylight』、MADEが『Super Sonic』と激しくダンスバトルを展開。嵐やNEWSなど先輩のライブステージのバックを長年、支え続けてきた彼らの安定感あるダンスに会場のボルテージも最高潮! アンコールではみんなで一体になって「GUTS!」で締めくくった。

昨年のジャニーズ銀座で初めての単独ライブとなったMADEと昨年の嵐のライブツアーで結成を発表された宇宙Sixの初めての合同ライブ。高みを目指して成長し続けるふたつのグループのエネルギッシュなパフォーマンスに会場からは称えるような拍手が沸き起こっていた。

大トリを飾るのはSnow Man (4/4)

「ジャニーズ銀座2017」

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース