山崎育三郎主演ドラマ「あいの結婚相談所」の第1話に、加藤晴彦、市川由衣、小沢真珠が登場!

2017/07/04 06:00 配信

ドラマ

(写真右から)山崎育三郎、高梨臨が出演する「あいの結婚相談所」にゲスト出演する(写真左から)市川由衣、加藤晴彦

(写真右から)山崎育三郎、高梨臨が出演する「あいの結婚相談所」にゲスト出演する(写真左から)市川由衣、加藤晴彦

7月28日(金)にテレビ朝日系でスタートする山崎育三郎の初主演ドラマ「あいの結婚相談所」(毎週金曜夜11:15-0:15ほか)。第1話に加藤晴彦、市川由衣、小沢真珠がゲスト出演する。

同ドラマは、元動物行動学者の准教授で結婚相談所所長・藍野という超個性的な役柄を山崎が演じ、連続ドラマ初主演を果たす。藍野は、依頼者の行動や心理を動物や昆虫の生態を例にとりズバズバと分析。歯に衣着せぬ物言いで失礼千万、さらには「恋は邪(よこしま)なもの」と依頼者とお相手の恋愛を禁じるなど、とても“優良な結婚相談所”とは思えません。

しかし、どんな依頼者にも理想の結婚を実現させ、成婚率は100%を誇る。ただし、入会金は200万円と超高額だ。とはいえ、結婚を願う男女にとって「成婚率100%」というデータは魅力的なため、200万円を支払ってでも結婚したい!と思う“ワケあり”相談者が登場する。

実生活では、最近結婚し子供もいる加藤、市川、小沢。「あいの結婚相談所」の相談者として出演するにあたり、結婚に対する思いを交えつつドラマの見どころなどを語った。

加藤晴彦コメント

僕は結婚してすごく良かったと思います。例えば、結婚して子供が生まれるということは、この地球上でいろいろな可能性が生まれているということ。それだけでも結婚は大事なこと、すてきなことだと思うし、いろいろな人のつながりが生まれるわけです。

このドラマでも単に“結婚”だけを描くのではなく、実はそこに当人同士だけではない人たちの助け合いなどが隠れているということを描いていると思います。つまりは一人で生きていくということではない、と。「結婚相談所」というタイトルですが、たくさんの人に見てもらっていろいろ考えて欲しいですね。

市川由衣コメント

私は結婚して1年ちょっとですけど、良かったと思うことばかり。誰かがいてくれることで気持ちが強くなれるというのもそうですが、子供が生まれて気持ちや感情が豊かになりました。すごく涙もろくなって、すぐに感動したりするようになりました。

ドラマでは山崎さんの歌うシーンを間近で見ることが出来たのですが、目力がすごくて(笑)。ミュージカルスターを目の前で見ることって滅多にないこと。貴重な体験をさせてもらいました。完成が楽しみですね。

私は産休育休をとらせていただいている間、ユーモラスなドラマやバラエティーを見て元気をもらっていました。そういう意味ではこのドラマも元気が出る作品だと思います。今度は私が皆さんの力になれたら、と。記念すべき第1話に出させていただいて光栄です。

小沢真珠コメント

今回は社長で独身、結婚を熱望して…という役。相談に来ておきながら藍野所長に信じられない!と文句を言うんですが、山崎さんはとにかく爽やかでこの役がピッタリ。私は文句ばかり言いますが、この方にお任せすれば大丈夫、信用できると思いました(笑)。

私も結婚して子供がいるのですが、仕事を終えて家に帰ってからが大変で。いつ台本を覚えようか、と思うぐらいです(笑)。それだけ両立は大変でもあるのですが、その大変さと同じぐらいの幸せを感じているので。結婚してパワーに繋がったという部分もあります。今回の私の役が結婚を熱望するように、やっぱり結婚はいいものなのでしょうね(笑)。

気になる第1話のストーリーは!? (2/2)

「あいの結婚相談所」
7月28日(金)スタート
毎週金曜夜11:15-0:15
テレビ朝日系で放送
※一部地域では放送時間が異なる

関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース