【遺留メモ1】上川隆也「自分で思っている以上に『遺留捜査』が好きなのかも」

2017/07/13 18:05 配信

ドラマ

「遺留捜査」で刑事・糸村聡を演じる上川隆也

「遺留捜査」で刑事・糸村聡を演じる上川隆也

7月13日(木)より、満を持して連続ドラマ第4シリーズがスタートする上川隆也主演ドラマ「遺留捜査」(毎週木曜夜8:00-8:54テレビ朝日系※初回は夜8:00-9:48)。

今回から舞台を京都に移し、放送枠もこれまでとはまた違ったフィールドでの新章突入となるが、主人公・糸村を演じる上川いわく「これまで同様全くブレない」とのこと。

ザテレビジョンでは、毎週木曜のドラマ放送日の掲載で、上川の“大好きなもの”にまつわるお話と共に見どころを紹介する連載企画「遺留メモ」がスタート。上川の好きなものについて、毎回ちょっとずつ紹介していく。

1回目は、上川が愛してやまない「遺留捜査」への思いを中心としたスペシャルインタビューをお届け! 新シリーズの見どころや作品の魅力をたっぷりと語ってもらった。

――2年ぶりの復活、そして連続ドラマとしてスタートすると聞いてどう思われましたか?

何かの拍子にまた戻って来ても、このまま作品がなくなってしまっても、どちらに転んでもおかしくないと思っていました。自分の中での落としどころ、向き合い方として、それが一番座りが良かったんです。

期待もしないし、悲観もしないと。でも、あらためて今回はスペシャルではなく、連続ドラマでと伺った瞬間は、混じりっけなしにうれしかったですし、そう思った自分に驚きました(笑)。

自分で思っている以上に僕は「遺留捜査」が好きなのかも知れません。

――やはりSPではなく連ドラで復活というのも大きいのでしょうか?

手前みそになるかもしれませんが、「遺留捜査」は他の刑事ドラマに比べて、脚本作りにもうひと手間が必要ですし、難しい作品だと思うんです。事件の解決とは別に、遺留品のストーリーもひもとかなければならない。

そんな物語を、今回なら複数用意しなければいけないんですから。SPなら一本で済むのに(笑)。だからこそ、そんな作品を1クールでやりましょうと言ってくださったその意気に感じ入りましたし、理屈抜きにうれしかった、もう一つの理由なのかも知れません。

――撮影が始まって、京都っぽさを実感されましたか?

京都のスタッフの方々は、作品をまたいでご一緒した事のある方ばかりなので、そういった意味では、現場の空気に“京都感”はあります。

ただ、これが別のキャラクターだったら、また新しい職場というか、現場の感じ方にも変化が生まれると思うんですけど、こと糸村というキャラクターに関しては、あまりそれらを重たく受け止めてはいないようで、これまで同様、ひょうひょうとしている。

だから演じている僕自身も構えたり、肩の力を入れたりすることはなく、驚くほど自然にまた糸村になれました。

――6年にわたって演じられてきて、上川さんのもとに「糸村について」の反響は届いていますか?

放送中にもいろいろとご感想を頂きましたが、今回のようなブランクがあったときに「またやらないんですか?」といっていただけたのは、本当にありがたかったです。

見たいと仰ってくださる方々に「新シリーズが始まります」とお伝えできたのが、今回一番うれしいことだったかも知れません。「これで終わるか続くのか、どちらに転ぶか分からない」と思っていた僕ですが、今は「続けられて良かった」と、あらためて思います。

「遺留捜査」は支店展開しない評判の饅頭屋さん!? (2/3)

「遺留捜査」
7月13日(木)スタート
毎週木曜夜8:00-8:54
テレビ朝日系で放送
※初回は夜8:00-9:48

◆「遺留捜査」特集中!◆

関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース