目標は“第2の大泉洋”! 北海道出身の元SKE48・東李苑に卒業後初インタビュー!

2017/07/16 12:00 配信

芸能一般

7月19日(水)の東京公演から、鈴井貴之のプロジェクト・OOPARTSによる舞台「天国への階段」の上演がスタート。孤独死の現場を清掃し、遺品を探す“特殊清掃員”をテーマにした作品で、永野宗典(ヨーロッパ企画)や畑中智行(キャラメルボックス)らに加え、「水曜どうでしょう」(HTB)でおなじみの藤村忠寿や鈴井自身も出演する。

さらに、北海道出身でことし3月にSKE48を卒業したばかりの東李苑も出演。今回は、そんな東にSKE48卒業後初インタビュー。本作出演のいきさつや稽古の様子などを聞いた。

SKE48卒業後すぐの舞台出演に「とにかく『ありがたい』の一言です」

――卒業してからしばらくは芸能活動をしなさそうな雰囲気だったので、今回「天国への階段」にご出演すると聞いて、正直、「早っ!」って思いました(笑)。

私も早いなって思いました(笑)。

――どういう流れで出演が決まったんですか?

北海道に帰ってすぐにお声を掛けていただいて、びっくりしました。年内は充電期間というか、表に出ないって自分でも思っていたので。でも、こんなに素敵なチャンスをいただける機会なんてめったにないことだと思うので、とにかく「ありがたい」の一言です。

――予定より短くなった充電期間ですが、その間にしていたことや、やりたいと考えていたことについて教えてください。

今までできなかった旅行とか、やりたかったことをやる期間にしたいなって思っていたんですけど、思いの外充電期間が早く終わってしまったので(笑)。ピアノもずっと弾けていなかったので、毎日弾いて指を動かしたりしていました。

――お芝居は久しぶりですよね?

久しぶりというか、ほとんど初めてに近いですよ。

――でも「私、結婚できないんじゃなくてしないんです」(2016年、TBS系)に出ていたじゃないですか。

いや、あのときは本当に何も知らずにやっていたので。今回、OOPARTSに集まったキャストの皆さんが本当に優しくて親身になってくださる方たちばかりで、初めて舞台での発声方法も教えていただきましたし、言葉のニュアンスや伝え方とか、そういうことも初めて知りました。

――これまでにOOPARTSの作品を見たことはありましたか?

なかったんですけど、出演が決まって、2作目の「SHIP IN A BOTTLE」のDVDを見ました。鈴井さんって“東京のやり方”をやらないというか、独自のやり方を東京に来ても貫き通すという芯の強さがあって。普通だったら絶対にやらないなっていうセットだったり、発想がすごいなって思いました。

――「天国への階段」はテーマが“特殊清掃員”で、言葉だけ聞くと重い話なのかなと思うんですが、台本を読んだ感想はいかがでしたか?

台本をもらうまでの間に、「特殊清掃員って何なんだろう?」と思って調べました。悲惨な現場で仕事をしなければいけないことも多いですし、素直に「大変な職業だな」と感じました。「どうやってお芝居にするんだろう?」「絶対に重くなるよな」って思っていたんですけど、台本を読んでみたら、「こんなふうに仕上がるんだ」「意外にコメディーになるんだ」って思いましたね。無駄なものは何一つなく、ぎっしり全部詰め込みましたっていう印象の舞台です。

――コメディーということは、稽古も明るい雰囲気の中で行っているんでしょうか?

明るいですよ。鈴井さんが演出で重くならないように、でも、大事なところはちゃんと伝わるように作っています。

“タレント・東李苑”としての目標は!? (2/2)

OOPARTS vol.4「天国への階段」
作・演出=鈴井貴之
出演=永野宗典(ヨーロッパ企画)、畑中智行(キャラメルボックス)、菊地美香、根岸拓哉、平田薫、吉田悟郎、東李苑、戸澤亮(NEXTAGE)、藤村忠寿(北海道テレビ)、鈴井貴之
【公演日程】
東京公演=7月19日(水)~25日(火)
大阪公演=8月4日(金)~6日(日)
札幌公演=8月11日(金)~13日(日)
仙台公演=8月16日(水)
松本公演=8月19日(土)~20日(日)

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース