閉じる

「スパイダーマン」最新作の魅力は“過去にこだわらない”潔さ

2017/08/07 18:00

リアルなアクションシーンも必見!
リアルなアクションシーンも必見! (C)Marvel Studios 2017. (C)2017 CTMG. All Rights Reserved.

子どもから大人まで幅広い世代に愛され、世界中にアツいファンを持つスパイダーマン。その最新作となる「スパイダーマン:ホームカミング」が、8月11日(祝・金)に日本公開を迎える。本シリーズが愛される理由を、特に“初見の人”向けに解説する。

いよいよ公開週となり、8月7日には都内で「ジャパン・プレミア」が開催。“新スパイダーマン”こと、ピーター・パーカーを演じたイギリスの新星俳優トム・ホランドも来日して登場し、SNSなどでも「トムホがきた!」「新スパイダーマンの子がかわいい」など、ますます盛り上がりを見せている。

しかし、一方で「アメコミやヒーロー映画が得意じゃない」「前知識が必要そうで、ハードルが高いかも…」と、興味はあるものの苦手意識を持つ人も少なくない。

アイアンマンに憧れ、アベンジャーズになりたいと願うスパイダーマンこと15歳の高校生ピーター・パーカー。

彼はNYの街を華麗に飛び回る新米ヒーローである一方で、いつもは学校で親友とワルふざけをしたり、いじめっこにはからかわれ、気になる女子への淡い思いは胸に秘める、“どこにでもいる”普通の少年だ。

ティーンエージャー特有の悩みや葛藤を抱えながら、スパイダーマンとして世間に認められたいと、悪党を前に悪戦苦闘を繰り返す。しかし、必死ゆえに空回りの連続。

ある時、アイアンマンに恨みを持つヴィラン・バルチャー(マイケル・キートン)がニューヨークに現れ、街は混乱の渦に…。事の重大さに気付いたピーターは、ただ一人バルチャーに立ち向かう…というのが、本作のストーリー。

アイアンマン(ロバート・ダウニーJr.)やキャプテン・アメリカ(クリス・エヴァンス)らアベンジャーズとの絡みをはじめ、マーベルファンにはたまらない作品であることは言うまでもないが、自分の夢に向かい、壁にぶつかりながらも前向きにがむしゃらに頑張り、真のヒーローとして成長していくいちずな姿や、小難しい話は一切必要ない王道の“胸アツ”展開に、心が打たれそうだ。

そんな本作は、初見だからこそ楽しめるポイントが大きく分けて3つあるように思う。

映画「スパイダーマン:ホームカミング」
8月11日(祝・金)全国ロードショー

画像一覧
4

関連人物

  • トム・ホランド

  • ロバート・ダウニーJr.

  • マイケル・キートン

  • クリス・エバンス

  • サム・ライミ

  • マリサ・トメイ

  • ゼンデイヤ

  • ジョン・ワッツ

関連ニュース

  • 中田敦彦らマーベル大好き芸人が「デアデビル」で熱弁

    2015年8月28日7:14
  • 新スパイダーマン、アベンジャーズとの共演に大興奮!

    2016年4月13日17:35
  • 「X-MEN」シリーズ最新作が「アリス」続編を撃破!

    2016年5月31日20:24
  • 9nine、「X-MEN」スタン・リー最新作の劇中歌を担当 アニメにも出演

    2016年10月30日6:00
  • 巨匠スタン・リーと長濱博史監督、新ヒーローアニメを発表

    2017年3月26日6:00
  • 安田章大、“新スパイダーマン”の日本版主題歌書き下ろし!「関ジャニ∞で13年走ってきて良かった」

    2017年6月1日4:00
  • 藤原啓治、代表作のアイアンマン役でカムバック! 新「スパイダーマン」吹き替え版予告公開

    2017年6月28日7:00
  • アイアンマン登場に子どもたちも大興奮! マーベル副社長が小学校で特別授業

    2017年7月11日17:40
  • 「新スパイダーマン」はシリーズ最年少15歳! “驚異の10代”の魅力に迫る

    2017年7月26日12:00
  • イドリス・エルバが念願の“スーパーヒーロー”デビュー! 爽快なガンアクションに注目

    2018年1月3日9:00