映画「打ち上げ花火―」宮野真守『甘酸っぱい記憶を思い出して収録に臨みました』

2017/08/12 08:00 配信

映画

岩井俊二監督が生んだ名作ドラマ「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」を原作にしたアニメーション映画が8月18日(金)より公開される。「もう一度、時間を戻せたら…」をテーマに、多感な中学生たちが経験する“繰り返される夏の一日”を描いたラブストーリーだ。

映画公開を記念したリレー連載第3回は、菅田将暉が演じる典道の幼なじみで親友の祐介を、若手声優界のトップランナーである宮野真守のインタビューを2日間にわたり紹介。

ピュアになろうと、精一杯頑張りました

――実写ドラマを原作にしたアニメーション映画という珍しい作品ですが、最初に話を聞いた時はどんなお気持ちでしたか?

ビックリしました。誰もが知っている実写作品ですから、一体どういった経緯でアニメ化されることになったんだろうと気になりましたね。聞くところによると川村(元気)プロデューサーが長年温めていた企画だそうで、そんな作品に自分が参加できるなんて、本当に幸せなことだとあらためて思いました。

――声の収録は、なずな役の広瀬すずさんと典道役の菅田将暉さんとの3人で行なったんですよね。

そうなんです。お二人ともとてもピュアなオーラを放っていたので、僕もピュアにならないとと、精一杯頑張りりましたよ(笑)。僕だけ二人よりもかなり年上ですが、役柄上は同じ中学生役ですからね。それに、一番最初が僕ら3人の収録だったこともあり、ここで映画全体の質感というか、空気感が決まってしまうというプレッシャーもありました。

――本作のお芝居は自然体というか、とても実写的だと感じました。そこは意識はされましたか?

皆さんにそう言っていただくんですが、僕としては特に新たなお芝居に挑戦したという感覚はなくて、今までいろいろな作品に参加してきた時と同様に、その作品の世界観に真っすぐ身を投じただけなんです。ただ、どんな雰囲気の中学生感が相応しいんだろうというのは、初めは迷っていました。そんなとき、最初にせりふを発した菅田君が思いっきり全力でやっているのを見て「カッコいい」と思い、菅田君のお芝居に対して僕なりにアプローチすればいいんだと思ったんです。

3人しか出せない空気感が出せた (2/2)

■WEB限定・宮野真守サイン入り生写真を1名様にプレゼント!(パスワード「uchiagehanabi」)
【応募はこちらをクリック】

みやの・まもる=1983年6月8日生まれ、埼玉県出身。B型。声優として活躍するほか、ミュージカル「王家の紋章」ではイズミル役で出演。また、約2年ぶりとなる6枚目のアルバム「THE LOVE」が発売中

映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」
8月18日(金)公開
原作=岩井俊二/脚本=大根仁/総監督=新房昭之/声の出演=広瀬すず、菅田将暉、宮野真守、松たか子ほか
「公式サイトへ」

◆「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」特集ページはこちら↓↓◆

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース