閉じる

デビュー40周年ボン・ジョヴィ、いくつもの諦念を経て今も前進し続けるカリスマバンドに敬服 4年ぶりのアルバム発売も決定

2024/04/30 06:10

「ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night」はディズニープラスのスターで独占配信中
「ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night」はディズニープラスのスターで独占配信中(C) 2024 Disney and its related entities

年季の入った音楽ファンであれば「夜明けのランナウェイ」「リヴィン・オン・ア・プレイヤー」「バッド・メディシン」「オールウェイズ」といった全地球的ヒットを思い浮かべることだろうし、4月24日にスタートした連続ドラマ「ブルーモーメント」(毎週水曜夜10:00-10:54、フジテレビ系)の主題歌である新曲「レジェンダリー」に接して彼らのファンになった人も多いに違いない。“彼ら”というのは1984年にデビューし、40年にわたり世界を熱狂させ続けるカリスマバンド、ボン・ジョヴィのこと。そんなボン・ジョヴィのことをもっと知りたいと思った人に打ってつけな作品「ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night」(全4話)が4月26日に配信された。トータルで約5時間の尺を持つ、同バンド初のドキュメンタリー・シリーズだ。「よくここまで踏み込むことができたな」という撮影場面やインタビュー、デビューから今までの演奏・歌唱映像も満載。さらに、フロントマンのジョン・ボン・ジョヴィやキーボード奏者デヴィッド・ブライアンの少年時代についても触れられている。今回、音楽をはじめ幅広いエンタメに精通するフリージャーナリスト・原田和典氏が、ボン・ジョヴィの魅力を独自の視点で解説する。(以下、ネタバレを含みます)

洋楽が身近だった頃に現れたロックバンド


自分が中学生の頃(1980年代半ば)は、今からは信じられないほど洋楽が日本で身近だった時期で、「夜のヒットスタジオ」や「ザ・トップテン」などのテレビ番組で外国人アーティストがパフォーマンスすることはごく当たり前だったし、AMラジオをつけても日本のアイドルのヒット曲の間にライオネル・リッチーやマイケル・ジャクソンやフリオ・イグレシアスなどの楽曲が普通にかかっていた。(今で言えばK-POPアイドルがそのポジションか)。

菊池桃子の武道館コンサートで、アーニー・ワッツ(ローリング・ストーンズのツアーに参加)やアレックス・アクーニャ(ウェザー・リポートで、ジャコ・パストリアスとリズム・セクションを形成)が演奏した時代。いわゆるMTV、洋楽のミュージックビデオを流す番組も深夜に放送されていて、学校では「この前のMTV見た?」「誰それの新曲(洋楽)、かっこいいよなー」というような会話が普通にできた。そうした時代の空気に飛び込んできたのがボン・ジョヴィという、妙に覚えやすい名前を持つバンドだった。

HR/HM(ハードロック/ヘヴィーメタル)を日本に広めた1人といっても過言ではない評論家で、ラジオDJの伊藤政則氏が力を入れてガンガン紹介していた。曲は「夜明けのランナウェイ」。私の第一印象は「なーんかメタルじゃないなあ」というものだった。ヴァン・ヘイレン、ゲイリー・ムーア、スコーピオンズなどを聴いていた自分には、すごく“歌謡曲的”に感じられた。

だがラジオで彼らのいろんな曲を何度も耳にするうち、メロディアスな感触、サビにもっていくときの構成のうまさ、リード・ボーカルとサイド・ボーカルの重なりにひかれていく自分がいた。泣きや湿りがあるといえばいいのか。ボン・ジョヴィの初来日にあたるロック・フェス「SUPER ROCK '84 IN JAPAN」のライブ取材記事は雑誌で見たが、対バンはマイケル・シェンカー・グループ、スコーピオンズ、ホワイトスネイク、アンヴィル。ルドルフ(スコーピオンズ)とマイケルのシェンカー兄弟と同じ舞台に立つとは、すごい新人グループなんだなと思った。

ボン・ジョヴィの軌跡を熱量たっぷりに紹介


「ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night」を見て、私が「うわー、これはすごい熱量だな! 制作スタッフ、気合入っているな!」と最初に感じたのは、この「夜明けのランナウェイ」に至るまでのエピソードだ。

中心人物でリード・ボーカルのジョン・ボン・ジョヴィはアメリカのニュージャージー州生まれ。レッド・ツェッペリン、クイーンなど数々のスター・ロック・バンドに憧れ、友人たちと管楽器入りのバンドを組んでリズム&ブルースのカバーをして、同じくニュージャージー州生まれの大先輩ブルース・スプリングスティーンに認められ…といったエピソードから、いとこの名録音エンジニア・トニーが勤めるニューヨークの有名音楽スタジオで裏方修業していた日々、でもやっぱり自分で歌いたくて「夜明けのランナウェイ」のデモ音源を作る。だがレコード会社からは無反応、そこでラジオDJに音源を届けたところ徐々にブレイク、バンド結成の必要が生じる、芸名をジョン・ボン・ジョヴィに、メンバーを急募して“ボン・ジョヴィ”結成という流れは本当に圧巻。

ある種寄せ集め状態で始まったバンドが、魔法のようなケミストリーを発揮して“ヘヴィーメタル、ポップス、ロックの懸け橋”となり、40年を経て今に至っているのは、まさに奇跡だ。

1984、85、86年と毎年アルバムを出し、86年の『Slippery When Wet(邦題:ワイルド・イン・ザ・ストリーツ)』は2000万枚の売り上げを示した。88年の『ニュージャージー』からは5曲のトップ10シングルが生まれ、世界各地のアリーナやスタジアムを沸かせる代表的バンドに。「ロック・バンドの怖さ、いかつさ」が控えめ、ということも大衆的人気に貢献していたはずだ。当ドキュメンタリーには、ジョンに恋人(現在の妻)の存在が明らかになった時のニュースフィルムも挿入されている。「彼女じゃなくて私を選んで!」と主張するファンに、「いや、私を!」と声を挙げた別のファンは山ほどいたのではないか。

「ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night」より
「ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night」より(C) 2024 Disney and its related entities
下に続きます
▼【公式】Disney+(ディズニープラス)で「ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night」を見る
https://www.disneyplus.com/ja-jp/series/thank-you-goodnight-the-bon-jovi-story/

▼ディズニープラス特集ページはこちら
ディズニープラス特集
グレイテスト・ヒッツ (通常盤 )
グレイテスト・ヒッツ (通常盤 )
ボン・ジョヴィ (アーティスト)
Universal Music
ザ・ヴェリィ・ベスト・オブ・ジョン・ボンジョヴィ 1980~1983
ザ・ヴェリィ・ベスト・オブ・ジョン・ボンジョヴィ 1980~1983
ジョン・ボン・ジョヴィ (アーティスト), ジョン・ボン・ジョヴィ (演奏)
テイチクエンタテインメント
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

画像一覧
14

  • 「ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night」はディズニープラスのスターで独占配信中
  • 【写真】何歳になっても格好いい…!渋みを増したバンドのフロントマン、ジョン・ボン・ジョヴィ
  • 「ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night」キービジュアル
  • 「ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night」より
  • 「ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night」より
  • 「ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night」より
  • 「ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night」より
  • 「ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night」より
  • 「ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night」より
  • 「ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night」より
  • 「ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night」より
  • 「ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night」より
  • 「ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night」より
  • 「ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night」キービジュアル

関連人物

  • No Image

    ティコ・トーレス

  • No Image

    ジョン・ボン・ジョヴィ

  • No Image

    デビッド・ブライアン

  • No Image

    アレック・ジョン・サッチ

  • No Image

    リッチー・サンボラ

  • 推したい!フレッシュFACE

    推したい!フレッシュFACE

  • 【夏ドラマ】2024年7月期の新ドラマまとめ一覧

    随時更新中!【夏ドラマ】2024年7月期の新ドラマまとめ一覧

  • 第120回ザテレビジョンドラマアカデミー賞

    投票〆切は7/5!第120回ザテレビジョンドラマアカデミー賞

  • コミック試し読みまとめ

    話題の作品がいっぱい!コミック試し読みまとめ

  • 【春アニメまとめ】2024年4月期の新アニメ一覧

    随時更新中!【春アニメまとめ】2024年4月期の新アニメ一覧

  • 【夏アニメまとめ】2024年7月期の新アニメ一覧

    随時更新中!【夏アニメまとめ】2024年7月期の新アニメ一覧

もっと見る