水戸ご当地アイドル(仮)りまちゃん、“志城璃磨”として女優の第一歩を踏み出す!

2017/08/31 06:00 配信

映画

元水戸ご当地アイドル(仮)のリーダー・りま改め“志城璃磨(ししろ・りま)”が、'18年公開の映画「美しすぎる議員」に出演する

元水戸ご当地アイドル(仮)のリーダー・りま改め“志城璃磨(ししろ・りま)”が、'18年公開の映画「美しすぎる議員」に出演する

元水戸ご当地アイドル(仮)のリーダー・りま改め“志城璃磨(ししろ・りま)”が、'18年公開の映画「美しすぎる議員」に出演することが明らかになった。

「美しすぎる議員」は、監督・五藤利弘、川村ゆきえ、青柳尊哉のダブル主演による作品。川村演じる“美しすぎる議員”の奮闘を描いていく。

本作の撮影場所は茨城・取手市。璃磨は地元・茨城で、ご当地アイドル(仮)を卒業した際に語っていた“自分の夢=女優”としての第一歩を踏み出すことになった。

そこで、撮影を終えた璃磨を直撃。女優デビューを果たした心境や、今後の夢などについて語ってもらった。

璃磨ちゃんの「美しすぎる議員」ストーリー紹介

――初めに、「美しすぎる議員」がどんな作品なのか教えていただけますか?

璃磨:川村ゆきえさんが、議員2年目の女性を演じています。元々芸能人をやっていて、そこから議員さんに転身した方で、“美しすぎる議員”としてテレビの取材を受けている、そのドキュメンタリー映画といった内容です。

璃磨ちゃんが水戸ご当地アイドル(仮)を卒業した理由とは?

――水戸ご当地アイドル(仮)を卒業した理由が「自分の夢を叶えるために」とのことでしたが、ここで改めて卒業した理由と、卒業後はどう過ごしていたのかをお聞かせください。

璃磨:女優になるために、グループを卒業しました。卒業してから今日までは、女優になるための修行をしてましたね。

――いつ頃から「女優になりたい!」って思っていたんですか?

璃磨:小さい頃から「なりたい!」っていうのはありましたね。お母さんから「女優になったら?」とか、「女優さんになったらいろんな所に行けていいのに」って、結構薦められてて。それで、段々意識するようにはなったんですけど、自分には無理だろうなって思ってたんですよ。それで、普通に違う夢とかも考えて、「将来こんな感じになるんだろうな」っていうのがあったんですけど、アイドルになって自信が付いたっていうか。いろんな人と接したり、いろんな大会に出たりして、もうちょっと自分の可能性を試してもいいかなって。人生1回きりだし、「本当にやりたい事をやろう!」って思って、それで女優になろうって決心しました。

初仕事を終えた、璃磨ちゃんの心境に迫る!

――今回の撮影が、女優としての初仕事になりましたね。卒業から約4カ月で女優として仕事が舞い込んで、それが茨城での撮影という事ですが、最初に話を聞いた時はどう思いましたか?

璃磨:やっぱり、嬉しかったですね。最初の仕事っていうか、出演できるのが茨城で撮影する作品だったので、より嬉しかったし、やっぱり運命的な物を感じましたね。

――実際に演技をしてみて、どうでしたか?

璃磨:思ってたのとは違ったんですけど、スムーズに撮影できて自分の中では良かったです。

――映画の撮影現場というのは、あまり経験のないと思いますが、雰囲気にはすぐ入り込めましたか?

璃磨:皆さん優しい感じで、結構にこやかな雰囲気だったので、入りやすかったですね。

――ご自身の性格的に、あまり動じない方ですか?

璃磨:そうですね。あまり緊張とかもしないので。

――それは強みですね。今日のご自身の演技には、どれくらい満足できましたか?

璃磨:半分くらいですかね?

――納得できない部分もあったんですね。

璃磨:そうですね。頭で思い描いているモノと、それをそのまま表現するのって、ちょっと差異が出てきちゃうっていうか。手を抜いていたわけではなく、自分にできる精一杯だけど、頭で思い描いていた100%ではないですね。もどかしい感じ…。

――その辺は、これから場数を踏んで、経験を積んでいけばきっと…。

璃磨:そうですね。さらに修行して!

璃磨ちゃん、女優としての展望を語る (2/3)

■映画「美しすぎる議員」
'18年公開
主演:川村ゆきえ、青柳尊哉(ダブル主演)
監督:五藤利弘
撮影場所:茨城県取手市

■志城璃磨公式HP
【HP】joy-maker.jp/talent/rima_shishiro

■志城璃磨公式Instagram
【HP】https://www.instagram.com/shishirorima_official/

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース