「黒革の手帖」武井咲とバトルを繰り広げる仲里依紗『咲ちゃんからはすごみを感じます』

2017/09/06 07:30 配信

ドラマ

「黒革の手帖」で元子(武井咲)のライバル・波子を演じる仲里依紗

「黒革の手帖」で元子(武井咲)のライバル・波子を演じる仲里依紗

残すところあと2話の放送となった、武井咲主演ドラマ「黒革の手帖」(毎週木曜夜9:00-9:54テレビ朝日系)。9月7日(木)に放送される第7話でいよいよ最終章へ突入する。

同ドラマは、武井演じる元子が“黒革の手帖”を盾に、夜の銀座で頂点に上り詰めようとする姿を描く。女同士の激しいバトルも見どころとなっている本作で、かつては元子の同僚だったが、現在では元子を脅かす存在となってきた波子を仲里依紗が熱演。

「あなたのことはそれほど」(2017年、TBS系)で、同級生と不倫する夫を精神的に追い詰めていく妻を好演した仲は、本作では地味な派遣行員からの豹変ぶりも世間をにぎわせている。

自身の役どころについて仲は、「波子は自意識過剰ぶりがすごくて、お金を手にした途端に無敵モードになっちゃって(笑)。今だったら、SNSで拡散するというような落とし込み方をしそうなのに、直接元子に立ち向かうところが(逆に)すごく新鮮だし大胆で、演じていても面白いです」とやりがいを感じているよう。

また、武井が見せるあでやかな着物姿なども話題だが、仲が着ているドレスやワンピースも魅力的だ。これまでに着てきた衣装について聞いてみると、「最初の頃はまだ落ち着いていましたが、これから大人っぽくなって、色使いも落ち着いていくと思います。個人的には、服には色があった方が好きなんですが、今後は大人っぽい波子ちゃんが出てくると思うので、ぜひ楽しみにしていてほしいです」と語り、波子の衣装の変化にも期待ができそうだ。

波子は、第2話での元子と激しいバトルシーンをはじめ、何かと元子とやり合うが、「元子は常に冷静で動じないのに、波子は大暴れしていますよね(笑)。咲ちゃんからは、すごみを感じます」とキャラクターの違いを分析しつつ、「今では村井(滝藤賢一)さんが味方になってくれたので、波子はきっともっと調子に乗っちゃうと思いますよ」と波子の今後を予測する。

仲の抱く野望は、“身軽な女になること”!? (2/3)

「黒革の手帖」
毎週木曜夜9:00-9:54
テレビ朝日系で放送

◆「黒革の手帖」特集ページはこちら!↓↓◆


関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース