【試写室】「刑事7人」硬派な刑事たちがたどり着いた真相…そうきたか

2017/09/13 05:05 配信

ドラマ

「刑事7人」で沙村康介を演じる高嶋政宏、水田環役の倉科カナ

「刑事7人」で沙村康介を演じる高嶋政宏、水田環役の倉科カナ

これは驚いた。純粋に驚いた。ただただ、驚いた。隠す必要もないくらい驚いた。人は本当に驚いたとき、陳腐な表現しか出てこないんだなということを自ら体感してしまったが、たまげた…。

各局で放送されているドラマやバラエティー、アニメなどを事前に完成DVDを見て、独断と偏見とジョークに満ちたレビューで番組の魅力を紹介する、WEBサイト・ザテレビジョン流「試写室」。今回は9月13日(水)夜9時から放送の「刑事7人」(テレビ朝日系)最終話を取り上げる。

最終話なんだから多少の驚きをもって終わるもの、というのは当然映像を見る前に想定に入れていたのだが、それを覆す驚きがここにはあった。

一体このドラマの何に驚いたのかは、一旦置いといて。最終話のあらすじは、臨海エリアを裏で牛耳る大地主・馬久根恒義(山本學)の狙撃を次々と試み、天樹悠(東山紀之)ら「第11方面本部準備室」の面々に阻止された男2人が自殺した。

その後、事件現場となったビルには、第三波として複数の爆弾も仕掛けられていたことが判明。天樹らは、臨海エリアの利権を狙う謎の人物「御厨(みくりや)」によるテロの可能性を疑う。

その直後、馬久根が天樹らを呼び出し、ある交渉を切り出す。天樹らが証拠をつかんでいる脱税の罪を認める代わりに、自分を殺そうとした首謀者を捕まえてほしいというのだ。

だが、彼らにとって馬久根は憎むべき“最大の敵”。彼のために捜査するのは当たり前だが、不本意なのだ。天樹らは逡巡しながらも、あくまで自分たちの意志で首謀者を洗い出そうと決意する。

間もなく、自殺した狙撃未遂犯たちの身辺から、御厨との接点を暗示する証拠を見つかる。だが、ここにきて天樹が首をかしげる。

臨海エリアの利権を狙う勢力が馬久根を殺害しようとするというのは合理的だが、ビルの爆破に関してはどう考えても合理性が見受けられないからだ。この一連の犯罪計画には一体、どんな意味があるのか。御厨の正体も含め、捜査は混迷を極める。

そして容疑者として“ある人物”に目を付けた天樹らは、捜査を続行。やがて、天樹はそれまで想像すらしなかった“驚きの真相”に直面する…というもの。

いざ、独断と偏見のレビューへ (2/2)

「刑事7人」(最終話)
9月13日(水)夜9:00-10:09
テレビ朝日系で放送
【HP】http://www.tv-asahi.co.jp/keiji7_03/

関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース