堤真一&岡田将生、鬼才・鈴木おさむと初タッグ!

2017/09/14 08:00 配信

ドラマ

エンタメ業界の裏側を描いた“ヒューマンサスペンス”ドラマ12月2日からスタート!

エンタメ業界の裏側を描いた“ヒューマンサスペンス”ドラマ12月2日からスタート!

12月2日(日)よりWOWOWプライムで「連続ドラマW 名刺ゲーム」が放送されることが分かった。

同ドラマは、人気放送作家・鈴木おさむがエンタメ業界の裏側を描いた同名小説が原作。敏腕プロデューサーの主人公・神田達也役に堤真一、神田の前に突如現れる謎の男Xを岡田将生が演じる。主演の堤は「『名刺ゲーム』は、人間が追及の仕方を間違えた時の怖さとそれを笑ってしまう部分も描かれます。“人間の怖さ”と、最後に何が大切かを見つけられる驚きの結末を楽しみにしてください」とアピールした。

本作の舞台は、世間をにぎわす事件・騒動の舞台ともなりうるテレビ業界、芸能界。華々しい反面、番組制作の過酷さ、権力者の横暴、売れないタレントの末路といった光に隠れる闇に焦点を当て、エンタメ業界の第一線で活躍する鈴木にしか描けない、リアリティーある衝撃作だ。

年齢も性別も境遇も異なる登場人物たちが追い詰められる極限のサスペンスは、究極のヒューマンドラマとなり、衝撃的なクライマックスへ向かっていく。

地下のボイラー室。人気クイズ番組のプロデューサーでヒットメーカーの神田(堤)が目覚めると、自分の首に謎の首輪がはめられていることに気付く。床には大量の名刺が散乱し、壁には同じ首輪をはめられ磔にされた娘(大友花恋)が。2人は密室に囚われていた。

そして、神田の前に突如として謎の男X(岡田)が現れる。男が神田に仕掛けるのはタイムリミット2時間の「名刺ゲーム」。ルールは自分がもらった名刺を探し当て、その持ち主に「正しく返す」こと。

もし持ち主を間違えれば、自分か娘の首が爆破されるという残酷なゲームだ。完全なる密室で、神田は娘を救うために「名刺ゲーム」に挑むが、そこには驚くべき秘密が隠されていたという物語。

出演者・キャスト全文コメントはコチラ! (2/2)

「連続ドラマW 名刺ゲーム」
12月2日(土)スタート
毎週土曜夜10:00-終了時間未定
WOWOWプライムで放送
※第1話無料放送
原作=鈴木おさむ「名刺ゲーム」(扶桑社文庫)   
脚本=渡部亮平(『3月のライオン 前編・後編』 「時をかける少女」)
監督=木村ひさし(『劇場版 ATARU-THE FIRST LOVE & THE LAST KILL-』「民王」「99.9―刑事専門弁護士―」)、瀧悠輔(「アラサーちゃん 無修正」)
出演=堤真一、岡田将生、大友花恋、落合モトキ、柳ゆり菜、河井青葉、夏菜、田口トモロヲほか

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース