「コード・ブルー」キャスト全員クランクアップ!新垣結衣『最後の追い込みはやっぱりコード・ブルー』

2017/09/16 18:25 配信

ドラマ

山下智久、新垣結衣らキャスト全員がクランクアップ

山下智久、新垣結衣らキャスト全員がクランクアップ

9月18日(月)に最終回を迎える「コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON」(夜9:00-10:24フジ系)で、約3カ月間撮影していた山下智久らキャスト全員がクランクアップした。

救命のチームリーダーとして全員を引っ張る存在へと成長した白石恵役を演じた新垣結衣は「『コード・ブルー』がどれだけ自分にとって大切な作品か、3rdシーズンを通して改めて実感しました。本当に貴重なことだなと思います。最後の(撮影スケジュールの)追い込みはやっぱり『コード・ブルー』だな、とも思いました(笑)」と過酷さを振り返るとともに作品への思いを語った。

自分の進みたかった周産期医療の道を離れ、救命のために戻ってきた緋山美帆子役・戸田恵梨香は「長くつらい時が始まると思って撮影に入りましたが(笑)、あっという間に終わってびっくりしました」。

藤川(浅利陽介)との間に子供を授かるが、流産してしまい、再びヘリに復帰するという難役を演じきった冴島はるか役・比嘉愛未は「7年ぶりにまた『コード・ブルー』に参加できて幸せな日々でした。最高の夏になりました!」。

冴島の子供の流産を乗り越え、救命スタッフのムードメーカーとして活躍し続けた藤川一男役・浅利陽介は「皆さん大変でしたねー。気の知れた仲間と撮影を終えることができて幸せです」とそれぞれコメント。

最後まで緋山と共に命と向き合った名取颯馬役・有岡大貴も笑顔でクランクアップ。スタッフみんなに満面の笑顔で手を振りながら現場を去った。

そんな有岡の他、3rdシーズンから人手不足の救命にやってきた新人フェロー・ナースたちもクランクアップ。

灰谷俊平役・成田凌は「こんな思いの詰まった熱量のあるスタッフの皆さんに出会えたことに感謝しております。灰谷先生に出会えたこと、そしてこんな素晴らしい作品に出合えたことは役者人生にとってすごい大きなことだと思います。この素晴らしい作品に、この素晴らしいスタッフの方々とぜひまた一緒にお仕事したいと思いますので僕自身も灰谷も成長していきたいと思います」。

横峯あかり役・新木優子は「スタッフの皆さまお疲れさまでした。たくさん支えていただき今日まで走り抜くことができました。たくさんご迷惑をお掛けしたと思いますがまたご一緒できるよう頑張ります」。

雪村双葉役・馬場ふみかは「とにかく必死についていくことに集中していました。雪村と一緒に成長させていただいたかなと思います。また皆さんとお会いできるようにしっかり頑張って成長した姿をお見せできるようにしたいと思います」とそれぞれ作品への感謝の気持ちを述べた。

また、3rdシーズンで藍沢(山下)のライバル役を演じた新海広紀役・安藤政信は「監督に呼んでもらい、この作品に参加することができて、素晴らしいドラマに出合えました。ありがとうございました」とコメント。

出演者、スタッフの思いを乗せ、いよいよ放送が目前に迫った最終回は、地下鉄開通前の線路内で崩落事故が発生したとドクターヘリ要請が入る。

救命チームが総動員体制で現場に向かうと、事故現場の蒔田中央駅コンコースは大人数でごった返していた。地下の崩落現場で、治療をする藍沢は肩口に地下水が滴り落ちていることに気付き、次の瞬間、頭上から大量の土壌が崩れ落ちてくる。藍沢、白石をはじめ、救命チーム全員が大規模災害を前に、医療者として尽力する姿が描かれる。

「コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON」(終)
9月18日(月)夜9:00-10:24
フジ系で放送

◆月9ドラマ「コード・ブルー」特集ページはこちら!↓↓◆

関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース