「コード・ブルー―」が圧倒! 夏ドラマ平均視聴熱ランキング!!

2017/10/11 15:00 配信

ドラマ

夏ドラマ「平均視聴熱ランキング」ベスト5作品の推移グラフ

夏ドラマ「平均視聴熱ランキング」ベスト5作品の推移グラフ

'17年7~9月放送の夏ドラマが終了し、WEBサイト「ザテレビジョン」では、SNSや独自調査をポイント化し、今熱い番組・人物・コトバからテレビの流行に迫る新指標「視聴熱」を集計。夏ドラマの平均視聴熱ランキングトップ10を発表した(※)。

1位は、平均視聴熱113,561pt(ポイント)を獲得したフジ系ドラマ「コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON」。ドクターヘリをテーマにした人気シリーズで、フライトドクター候補生だった耕作(山下智久)らが一人前の医師・看護師として救命救急の最前線で活躍する姿が描かれた。

'08年と'10年に1st、2ndが放送され、7年ぶりに新作ドラマとして放送された今作。第1話から155,610ptと高視聴熱をたたき出した後も、常に高視聴熱をキープし、医療現場で繰り広げられる深い人間ドラマに視聴者は高い評価を示した。第9話、最終話にかけては落盤事故で耕作、藤川(浅利陽介)らが二次災害に巻き込まれるというストーリーが2話に渡って描かれ、第9話は今期の最高視聴熱の280,923ptを記録した。医療現場のリアルな演出や、山下らの演技に加え、フェローを演じた有岡大貴、成田凌、新木優子らの成長する姿にも注目が集まった。

2位は、平均視聴熱51,739ptを記録した高畑充希主演の「過保護のカホコ」(日本テレビ系)。高畑が両親から溺愛され、超過保護環境で育てらえた一人娘という難役を見事に演じ、視聴者からも絶賛の声があがっていた。この作品の評価は、高畑だけではなく母・泉を演じた黒木瞳、恋人・初を演じた竹内涼真の好演も大きい。特に竹内は、同時期に朝ドラ「ひよっこ」で島谷という好青年を演じており、初とのギャップが大きなインパクトになった。今後も、秋ドラマで出演する「陸王」での演技に期待だ。

3位には、窪田正孝主演の「僕たちがやりました」(フジ系)が39,862ptでトップ3入り。ささいな“イタズラ”の爆発によって人を殺してしまうという衝撃のストーリーでありながら、ギャグや下ネタなどもちりばめられ、原作ファンも納得できる作品となった。窪田の若々しい思い切りのいい演技と共に、パイセンを演じた今野浩喜の演技も「ハマり役」と評価が高かった。

4位は、平均視聴熱16,411ptで、錦戸亮と松岡茉優が演じる夫婦が奮闘した「ウチの夫は仕事ができない」(日本テレビ系)。5位は、平均視聴熱7,914ptで瑛太らがお節介と人情が売りの探偵を演じた「ハロー張りネズミ」(TBS系)だった。

※各話の視聴熱ポイント計測期間は放送日の朝5時から一週間。期間中の合計視聴熱ポイントを放送話数で割り、平均視聴熱ポイントを算出

◆「視聴熱」デイリーランキングはコチラ↓↓◆

関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース