【試写室】「今夜、誕生!音楽チャンプ」審査員の辛口の中に絶妙な“隠し味”あり

2017/10/08 06:00 配信

バラエティー

再起を懸けるアーティストが参戦!

再起を懸けるアーティストが参戦!

モーニング娘。や鈴木亜美ら多くのプロアーティストを輩出した某オーディション番組を見て育った者としては、冒頭でいじってしまったもののこの手の番組が大好き。

それにしても、ここまで審査員が辛口な番組はこれまであっただろうか。カレーだって辛口もあれば甘口もあるのに、ここはみんな辛口。素人目に見たら、「うんめえー」「すっばらしい!」と思ってしまう歌声であっても、彼らにかかれば「自分が気持ち良いだけ」などと、バッサリ。

オーディション番組は、視聴者も自分があの場所に立っていたとしたら…、とか、自分ならこの人よりうまく歌えるとか、この人売れそうじゃんとか、好き勝手に感情移入して見られるのが良いところだと思うが、この番組の場合は、感情移入してしまうと、怖くて泣けてくる。

中でも番組でも“ラスボス”的な扱いを受けている「鬼の菅井」こと菅井氏は、ビジュアルだけで威圧感たっぷり…。どこかの上場企業の人事部長のようないでたちで、面接を受けにきた人を圧迫面接で落としてきたような、そんな過去を背負っているんじゃないかという錯覚を覚えるほど。(※個人の感想です)

そんな緊迫した番組なだけに、MCの2人がとにかく癒やし系で助かる。村上はもはやこの道30年くらいの安定感のあるMCと、だからと言って上からな感じがしないというか、ジャニーズの方に失礼ながら、とても庶民派な印象。

そして黒木は正直バラエティーのMCというのは意外な感じもしたのだが、何のその。しっかりと場の空気を和ませつつ、的確な意見も言えるし、何より落ち着きがありがたい。ガチャガチャしがちなオーディション番組には、彼女くらいのどっしり感が必要かも。

この2人がいるからこそ、参加者も自分の持ち前の能力を発揮できているのではないだろうか。緊張感は大事だが、緊張だけでは本来のパフォーマンスを見せられないはず。

今回は「再起をかける!超実力派シンガーNo.1決戦」ということで、昔懐かしの顔が続々登場した。そんな人たちがボロクソに言われてしまうのは見ていてショックを受けるかもしれないが、決してクレームをつけたくて辛口審査をしているわけではなく、もう一度輝いてほしいという親心からあえてそうしているのが何となく分かる。

誰だって文句を言いたくて注意するわけではなく、直ってほしい、育ってほしいから言う。それに、実感を込めて言うと、注意する方もかなり心が痛むし、ストレスがたまるものなんです。

それはさておき、恐らく歌手を目指す人も実益を兼ねて見ることになるだろうが、ぜひ審査員の辛口の中にある“隠し味”を見抜いてほしい。決して、辛いだけではなく、何かしら自分のためになるスパイスが効いているはずだ。

まあ、褒められて伸びるタイプの筆者は、絶対にあの場所に立ちたくないけどね。

「今夜、誕生!音楽チャンプ」
10月8日(日)スタート
毎週日曜夜9:58-11:05
テレビ朝日系で放送
【HP】http://www.tv-asahi.co.jp/ongakuchamp/#/?category=variety

関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース