「BORDER 贖罪」放送直前! 山田兼司Pが語る「BORDER」の“これまで”

2017/10/27 07:00 配信

芸能一般

「BORDER 贖罪」主演の小栗旬

「BORDER 贖罪」主演の小栗旬

2014年4月期に連続ドラマとして放送され、規格外のスケール感と役者陣の演技、そして衝撃の“ラスト”が話題を呼んだ小栗旬主演ドラマ「BORDER」(テレビ朝日系)。

3年間の沈黙を経て、10月6日と13日には波瑠主演のスピンオフ「BORDER 衝動~検視官・比嘉ミカ~」が放送され、比嘉の“バックボーン”も明らかになった。

そして、10月29日(日)夜9時からは待望の“続編”となるドラマスペシャル「BORDER 贖罪」が放送。

そんな続編の放送を直前に控え、希代のヒットメーカー・金城一紀と共に「BORDER」シリーズを作ってきたテレビ朝日の山田兼司プロデューサーに、同シリーズの“これまで”、と、“これから”について聞いた。

ロングインタビュー前篇では、“これまで”についてを中心に語ってもらった。

ようやく続編を描けるときがきた

――3年前、2014年6月5日の連ドラ最終回以来、ファンの皆さんが気になっていた続編の存在。具体的にはいつごろから動き出したのでしょうか?

「BORDER」という作品は、いつの時期だったら続編をやりましょう!というのが難しかったんです。そもそも「BORDER」という企画自体、金城さんとしては“あのラスト”ありきの話でしたから。

オンエアは9話でしたが、プロット(あらすじ)自体はもっともっと多くて、それこそ16個くらいあったんですけど、1話と最終回は揺るぎなく「発現」と「越境」で決まっていて、その間のストーリーをどう並べて表現していくかが課題でした。何しろ連ドラは無限に放送枠があるわけではないので。

難しいのが、金城さんのプロットは16個あったとしてもクオリティーに全然差がなくて、全部面白いんです。おかげで泣く泣く省いたものがたくさんありました。それから9話へとつながる必然的な流れになったとき、本当に地上波のテレビドラマであのラストをやれるのか、というのが次の課題になりました。

あのラストをやるために連ドラを走っていく中で、あるタイミングで「この先(最終回の後)どうなりますかね?」って話をしていたんです。そのとき既に金城さんの中では、あのラストから続くストーリーの構想があって。私は具体的に聞いていました。

続編は、“振り子の反対側”に振り切れてしまった石川(小栗)を、みんなで引き戻そうっていう話にしたいんですよね、って仰っていて。ようやくそこが描けるときがきました。

――最終回後には大きな反響もありましたよね!

そうですね。終わった後には実際すごくたくさんの反響がありました。続編をやりたい気持ちも当然あったのですが、キャスト・スタッフ共に完全燃焼したという感が強かった。役者の皆さんもお忙しいですし、金城さんもその他にいろいろな作品の構想がありましたから。でも、このタイミングで続編の放送が決まって良かったなと思いました。

連ドラ版の「BORDER」でみんなが1度振り切って闘い終えて、ラストシーンでは視聴者の皆さんに大きな衝撃を与えた作品ですから、再度冷静に受け止めてもらえる時間が必要だったような気がします。あらためて“その先”が冷静に見られて、キャストもみんなそろっていい状態でやれる、そのタイミングが今だったということですね。

――キャストの皆さんの変化は感じられましたか?

皆さんこの3年でいろいろな役をやられてきたので、正直クランクインするまでは変わってしまっているかなと思っていました。あのラストから直結の物語だからこそ、皆さんがそこに戻ってきてもらえるのかなという不安はあったんです。

でも、もともとすぐれた技術をお持ちの皆さんが、すごく場数を踏まれて経験値が増していたからこそ、クランクインの日には、皆さん確実にその役に合わせて戻ってきてくださいました。

それに直結の表現ができるところまでしっかり戻ってきたのはもちろん、すごくパワーアップして戻ってきてくださって、オーラが増していました。 パワーというか存在感がすごく大きくなったなと、現場で見ていて感じましたね。

小栗旬の“プロ意識”に驚嘆

――実際、一番難しいはずの小栗さんも当時のままに戻られていましたよね。

そうなんですよ。小栗さんとは、一緒に「BORDER」を闘い抜いた“戦友”だったので、終わった後も定期的にコミュニケーションをとっていたんですけど、いざ本当に「BORDER」の続編をやることになったとき、ご本人も「やりたい!」とは言ってくれていたんですけど、あの役に戻るのはしんどいとも言っていまして。

本当にあの当時に戻れるのかなという不安を感じていらっしゃったようです。クランクイン前に連ドラを見返してくださったようなんですが、彼は特にプロ意識が高いので、映像を見て本当に自分がこの役に戻れるかが心配だと思ってしまったようで。

だから「今あなたができることを全部やってくれればそれで絶対大丈夫だから」と励ますことしかできなかったのですが、実際は何の心配もありませんでした。完全に当時の石川に成り切っていたので。よくぞそこまで体重を落としてくれましたし、顔色なんてめちゃくちゃ悪かったですからね(笑)。小栗旬って俳優はやっぱり本当にすごい人だなというのを、現場のスタッフ、金城さん、僕、監督共にクランクインした日に実感しました。

普通の人には絶対できない芸当! (2/3)

「BORDER 贖罪」
10月29日(日)夜9:00-10:54
テレビ朝日系で放送
【公式サイト】http://www.tv-asahi.co.jp/border/

ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
スタンプも貰えるキャンペーン実施中! 下のボタンから「友だち追加」しよう!

関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース