「重要参考人探偵」玉森裕太、いざ参らん!? 再び“戦国”とのコラボレーションが話題に

2017/11/04 16:08 配信

ドラマ

11月3日に「重要参考人探偵」第3話が放送された

11月3日に「重要参考人探偵」第3話が放送された

11月3日に放送された金曜ナイトドラマ「重要参考人探偵」(テレビ朝日系)第3話で、再び「信長のシェフ」とのコラボシーンがあった。そんな、“大サービス”がファンから熱い支持を集め、11月4日発表の視聴熱デイリーランキング(対象期間=11月3日)で、10944ポイントを獲得! 初回放送の10月20日から3週連続で金曜付けのデイリー2位となった。

玉森裕太が“なぜかいつも死体の第一発見者になってしまう不幸体質の男”に扮(ふん)し、小山慶一郎、古川雄輝演じるモデル仲間たちと殺人事件の謎を解いていく本作。これまで数多くの上質なミステリー作品を輩出してきた金曜ナイト枠ならではの、“コメディータッチながらも骨太で重厚なミステリー”が話題を呼んでいる。

第3話では、弥木圭(玉森)、周防斎(小山)、シモン藤馬(古川)らは、雑誌のアウトドア企画で登山に行き、撮影後、山頂のロッジに泊まることに。そこにはひどく無愛想な管理人(敦士)とその妻(笛木優子)がいた。

捜査一課の登(豊原功補)からの指示で圭の行動を監視しに来ていた果林(新木優子)も一緒に泊まることに…。しかし、突然の悪天候に見舞われ、外界に通じる道が遮断されてしまう。

雨風の音で眠れない圭は、夜中に部屋を替わって寝直す事にするのだが、そこは立ち入ることを禁止された部屋だった。

翌朝目覚めた圭がベッドの下を見ると、コーディネーターの天川(生津徹)の死体が見つかる。内側から自分で鍵をかけ、寝入ってしまっていたため、部屋は完全な密室。圭は宿泊客たちから疑惑の目を向けられることになってしまう。

その状況を打開しようと、ロッジの周囲で手掛かりを探す圭は、そこでもう一体の死体を発見してしまい…というストーリーだった。

ファンが歓喜した今回の「信長のシェフ」コラボは、もうすっかりおなじみになっている“圭の時間稼ぎ”中の出来事だ。キラッと光る包丁を握りしめ、時間稼ぎに入る圭。

勘のいいファンはそれだけで「もしや?」と“胸アツ”な展開に期待を膨らませていたようだが、そのバックで流れたのは「信長のシェフ」で、ケン(玉森)が“勝負気配”になったときに流れることが多い、あのドラマを象徴するテーマ曲だった。

前週10月27日の第2話で実現した“ケンと夏(志田未来)、450年ぶりの再会”に続いて、ファンの心を大いにくすぐった。

このコラボに、SNSは「スーパー時間稼ぎターイム!!!!」「また信長のシェフと絡ませてくれるとかほんと重要参考人探偵最高すぎか~~~」「信長のシェフのテーマ曲きた」「重要参考人探偵で信長の曲流れるとか神すぎる」などといったファンのツイートであふれ、深夜のお祭り騒ぎとなった。

また、第3話では放送前から期待の声が高まっていた、イケメンたちの“裸祭り”も盛り上がった。犯行現場である「8号室」に残された血痕。犯人のものではないかと推測した斎は、宿泊者全員に裸になってのボディーチェックを要求。

玉森、小山、古川を筆頭にイケメンたちがいわゆる“パンイチ”になるという展開に、「メンズの裸比較いいですね…」という声も多数上がった。

そんな裸祭り中、モデル事務所社長の浪江(滝藤賢一)から圭に電話が入り、圭から電話を奪ったシモンが「今ね~、みんなで裸になって見せっこしてる」という報告を。すると、“オネエ”な浪江社長は、事務所でもん絶しながら「カオス…」と意味深な表情でつぶやくシーンも、注目を集めた。

これも金曜ナイトのコメディーミステリーの伝統というべきか、一瞬でも目を離すとおいしい小ネタを見落としてしまうことがあるかもしれないので、隅々まで目を見開いて刮目しよう。

次回のあらすじに…いざ、参らん!? (2/2)

金曜ナイトドラマ「重要参考人探偵」
毎週金曜夜11:15-0:15
テレビ朝日系で放送
※一部地域では放送時間が異なる

◆「重要参考人探偵」特集ページはこちら!↓↓◆


ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
スタンプも貰えるキャンペーン実施中! 下のボタンから「友だち追加」しよう!

関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース