田野倉雄太「テレビで見ていた印象そのままの方」初共演の八木亜希子に感激!

2017/11/09 12:00 配信

ドラマ

現在“帯ドラマ劇場”枠で好評放送中の「トットちゃん!」(毎週月~金曜昼0:30-0:50ほか、テレビ朝日系ほか)に、11月13日(月)からの第7週より登場する俳優・田野倉雄太にロングインタビューを行った。

「トットちゃん!」は、40年以上にわたって「徹子の部屋」(テレビ朝日系)の司会を務め、常にエンターテインメント界の第一線で活躍してきた黒柳徹子と、その家族の激動の昭和史を丁寧に描くドラマ。

田野倉は、松下奈緒扮(ふん)する黒柳朝(ちょう)の叔母・えつ(八木亜希子)に熱烈アプローチをする編集者・木島吉秋という役どころ。

今回、田野倉にドラマの見どころや、共演者の印象、さらには幅広い趣味について聞いた。前後編2回に分けて紹介する。

――PROFILEを拝見しまして、田野倉さんご趣味が多彩ですね。ギター、篠笛、一人旅って…!

いえいえ(笑)。まとまりがないんですよ。好きなものが渋滞していますね(笑)。

――ギターはいつごろからされているんですか?

高校のころから兄の影響でやっています。バンドも少しやったことはありましたが、同年代で音楽をやっている子たちが少なかったんですよ。それもあって、兄弟で一緒にやることが多かったですね。

兄がドラムをたたけるので、ギターをやりたくなったらスタジオに行ってちょっと弾くとか、そういうことはよくありました。

――音楽に慣れ親しんでいる家庭だったんですか?

そんな格好いいものじゃないです(笑)。でも、ずっと音楽は好きでしたよ。

――篠笛というのも珍しいですが、昔からされているんですか?

ギターより、篠笛の方がもっと長いんです。お祭りでは“お囃子”というのがあるんですけど、地元で伝統芸能を継承する保存会に小学1年生から参加してきました。僕の地元はお祭りが盛んなところで、その影響で篠笛をやり始めました。

――今でもやっていらっしゃるんですか?

はい。今でもやっています。毎年1回、9月にお祭りがあるんですけど、近くなると血が騒ぐというか、やりたくなりますね(笑)。ことしももちろん参加しました。ちょうど「トットちゃん!」の撮影をしていた時期でしたが、撮影中も血が騒いで騒いで(笑)。

――ちなみに一人旅というのは、“バックパッカー”のようなことをされていたんですか?

そうですね。一番長くて2013年に2カ月くらい行っていました。

――そのときはお仕事をされていなかったんですか?

それがちょうど仕事を辞めて、これから俳優として頑張っていこうというときだったんですよ。俳優の仕事をする前にちょっと行ってみようと思って。

ヨーロッパをメインでまわろうと思っていたんですけど、最初にタイとカンボジアに行って、その後ドイツ、フランス、オランダ、イタリア、チェコ…と、そこらへんをグルッとまわりました。

バックパッカーで思い出に残っている出来事は? (2/2)

帯ドラマ劇場「トットちゃん!」
毎週月~金曜昼0:30-0:50
テレビ朝日系で放送

ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
スタンプも貰えるキャンペーン実施中! 下のボタンから「友だち追加」しよう!

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース