「トットちゃん!」ディーン・フジオカがNHK講師役に! “熱血授業”に徹子もうっとり!?

2017/11/11 06:00 配信

ドラマ

NHKの講師役を演じるディーン・フジオカと黒柳徹子を演じる清野菜名

NHKの講師役を演じるディーン・フジオカと黒柳徹子を演じる清野菜名

テレビ朝日系ほかで放送中の帯ドラマ劇場「トットちゃん!」(毎週月~金昼0:30-0:50ほか)で、ディーン・フジオカがNHKの講師役で出演することが分かった。

同ドラマは、40年以上の長きにわたって「徹子の部屋」(毎週月曜~金曜昼0:00-0:30、テレビ朝日系)の司会を務め、常にエンターテインメント界の第一線で活躍を続けてきた黒柳徹子とその家族の激動の昭和史を描く。

黒柳が今最も注目している俳優の一人としてディーンの出演を熱望し、ディーンがそれに応える形で今回のゲスト出演が実現。

ディーンが演じるのは、アメリカ帰りのNHK講師・河毛博。NHK専属俳優の最終選考に残った徹子(清野菜名)に“テレビの可能性”について講義するという役どころだ。専属俳優に合格したとはいえ、毎日叱られてばかりの徹子に、テレビ俳優としての熱き使命を熱血授業で説いていく。

「テレビジョンによって、世界は永遠の平和を実現できるかもしれない」「あなた方はテレビジョンを成功に導くため、全身全霊で努力しなければなりません」と熱弁をふるう河毛に、徹子ら専属俳優の一期生たちは感動し、徹子も思わず「ステキ……」とうっとりする一幕も。 

清野自身も「ディーンさんとは1年半前にお仕事をさせていただいて、今回また再会できたことがうれしかったです。1年半ぶりのディーンさんもかっこよかったです」とリアルでもうっとりしたことを告白。

黒柳本人が研修時代に出会った実在の講師をモデルとしたドラマオリジナルのキャラクターである河毛は、アメリカでテレビジョンについて学んできたという設定で、グレーのチェックジャケットに黒ベースのネクタイというスタイリッシュな衣装をまとって登場する。

ディーンは「徹子さんから出演オファーをいただき本当にうれしかったです。役者として、一人の人間として尊敬する徹子さんの人生の物語の一部に、短いシーンではありますが登場する機会をいただけたことをとても誇りに思います」と明かす。

ディーン扮する河毛が出演するのは11月22日(水)放送の第38話の1シーンのみ。“使命”と“誇り”を徹子にレクチャーするディーンの熱演に注目だ。

帯ドラマ劇場「トットちゃん!」
毎週月~金曜昼0:30-0:50ほか
テレビ朝日系ほかで放送

ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
スタンプも貰えるキャンペーン実施中! 下のボタンから「友だち追加」しよう!

関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース