小林聡美&大島優子、新ドラマで9変化!9役への挑戦を語る

2017/11/15 07:15 配信

ドラマ

11月20日(月)よりWOWOWプライムにて「WOWOW×Hulu共同製作ドラマ『コートダジュールN°10』」の放送が始まる。

本作は、小林聡美と大島優子が1話ごとに異なるキャラクターを演じ、毎回異なるゲストと共に物語を織り成す30分×9話のオリジナルストーリー。

WOWOW版は全5話で、11月20日(月)より放送スタート(※第1話無料放送)、Hulu版は全4話で11月28日(火)より配信をスタートする。

すでに撮影を終えた小林と大島にインタビューを行い、互いの印象や役への思いなど語ってもらった。

“9つの役”を演じる楽しさ・難しさ

――本作では毎回違う役を違う話で演じられていますが、脚本を読まれた感想をお聞かせください。

小林:俳優の魅力の一つが、毎回違う役柄になれることだと思っているんですけど、ほぼ2日間ごと(1話を2日で撮影)で違う役になれるのは大変そうだけど楽しそうだなという気持ちの方が大きかったですね。

大島:私は飽きっぽいところがあって(笑)。だけど、この作品は毎回話が違って、毎回違う9つのキャラクターを演じるので、それはすごく性格に合っているなと思いました。楽しかったですね。

――9つ役を演じていて、他の役が自分の中で混ざったりすることはなかったんですか?

小林:混ざるということはなかったですね。

大島:なかったですね。

小林:物語自体がそれぞれ独特の雰囲気が満載なので、同じような話だったら、ちょっとややこしかったりするかもしれないんですけど、全く話が違うので、せりふを覚えてさえいけばすっとその世界に入れるという感じでした。

大島:そうですね。

――話が全く違うものだからこそ、役の切り替えは特に意識されず…?

小林:そうですね。

大島:特に切り替えは意識しませんでした。「ちゃんと一つの役のこのせりふを覚える!」ってなったら覚えて、次にいっていました。ただせりふの量が多くて覚えるということの方が苦戦していましたね。

――やはり今回せりふはかなり大変でしたか?

小林:それぞれの脚本の個性が出ていたりするんですけど、覚えやすい話はすんなり覚えられたし、本当に覚えられない話は本当に覚えられなくて…(笑)。

大島:それがどうしてなのかはっきりとは分からないですけど。でも「せりふ全部覚えられましたか? 私まだで…」て(小林さんに)言ったら、「そうなのよ」ということがありましたね。

小林:全然覚えられない(笑)。

大島:ありましたね。

――そういうときはどうやって乗り越えるんですか?

小林:何回も何回も練習しましたよ。

大島:覚えるしかない。

小林:練習あるのみです。

役との意外な共通点 (2/3)

「WOWOW×Hulu共同製作ドラマ『コートダジュールN°10』」
WOWOW版(全5話)は11月20日(月)より放送スタート(※第1話無料放送)
Hulu版(全4話)は11月28日(火)より配信スタート

企画プロデュース=高野いちこ
監督=松本佳奈
脚本=尾崎英子、松本佳奈、たかのましろ
音楽=金子隆博
出演=小林聡美、大島優子ほか
■WOWOW
【HP】http://www.wowow.co.jp/drama/n10/
■Hulu
【HP】https://www.happyon.jp/static/n10/
■番組公式Twitter
@cotedazur_no10
■WOWOW版
11月20日(月)夜0:00~放送 第1話「むかしのともだち」松たか子
11月27日(月)夜0:00~放送 第2話「しののめ」金子ノブアキ
12月4日(月)夜0:00~放送 第3話「恩返し」ベンガル
12月11日(月)夜0:00~放送 第4話「センチメンタルジャーニー」柄本時生
12月18日(月)夜0:00~放送 第5話「白鳥ダンスアカデミー」光石研
■Hulu版
11月28日(火)配信 第1話「ある物件」片桐はいり
12月5 日(火)配信 第2話「運動場」伽奈と佐々木春樺
12月12日(火)配信 第3話「スナック蟻ヶ崎」宮藤官九郎と伊勢志摩
12月19日(火)配信 第4話「ベンチにて」もたいまさこ

ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース