和田正人SPインタビュー 「“唯一やり残したこと”に決着をつけてきます」【陸王連載】

2017/11/26 08:00 配信

ドラマ

池井戸潤氏の小説を原作に、足袋屋の四代目・宮沢紘一(役所広司)がマラソンシューズづくりに挑む姿を描いたドラマ「陸王」(TBS系)。本日11月26日放送の第6話では、陸王を履いた茂木裕人(竹内涼真)が実業団駅伝の華・ニューイヤー駅伝に出場し、ケガからの復活レースに挑む。

そして同じチームには、このレースをもって現役を引退することを決めたチームメート・平瀬孝夫(和田正人)の姿も…。“こはぜ屋”のシューズづくり、ケガと戦う茂木にも劣らぬ熱いドラマを見せる平瀬。演じる和田は、自身も大学時代箱根駅伝を走り、実業団に所属した経歴も持つランナーだ。平瀬のラストランを前に、和田に役柄への思いや撮影エピソードを直撃!

選手としての平瀬の苦悩にすごく共感します

自身も元実業団ランナーの和田が見た「陸王」の現場とは?

自身も元実業団ランナーの和田が見た「陸王」の現場とは?

撮影=龍田浩之

――平瀬というキャラクターのどんなところにリアリティーを感じますか?

限界を感じて引退していく、という部分にはすごく縁を感じましたね。僕の場合は(所属していた実業団チームの)廃部がきっかけで引退したんですけど、選手時代に「このまま続けていってどうなるんだろう」っていう苦悩はすごくあったし、ケガが多いというのも平瀬と一緒だし、そこに若手のスーパーエースが入ってきてあっという間に追い抜かれてっていう…。まだ俺はいけるって思いながらも、頭の片隅ではもう限界かなって思ったり、そういう細かい苦悩にすごく共感できます。

――6話ではニューイヤー駅伝に出場します。

僕自身、中学、高校、大学、社会人と長距離をやってきて、実業団でのわかりやすい目標ってニューイヤー駅伝に出場してチームに貢献することだったんです。でも結局、ニューイヤー駅伝を走らずに引退した。1年目はケガばかりしていてメンバーに入れず、2年目、よし、ここからもう一回いくぞっていう矢先の廃部だったんで…。陸上を12年ぐらいやって、唯一やり残したこととっていうのが「ニューイヤー駅伝を走れなかった」っていうことなんです。それが引退して10数年、役を通してニューイヤー駅伝にチャレンジすることができる。ちょっと運命めいたみたいなことをいうと、神様ってやり残したことにちゃんと決着をつけさせてくれるんだなって。もちろん本物じゃないけれど、形は違えど、すごくありがたいチャンスをいただいたなと思いました。

【写真を見る】元実業団ランナー!異色経歴を持つ和田正人

【写真を見る】元実業団ランナー!異色経歴を持つ和田正人

撮影=龍田浩之

注目してほしい“裏テーマ”は… (2/3)

ドラマ「陸王」
毎週日曜夜9:00-9:54
TBS系


◆「陸王」特集ページはこちら!↓↓◆



ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
スタンプも貰えるキャンペーン実施中! 下のボタンから「友だち追加」しよう!

関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース