「カードキャプターさくら」最新作に、丹下桜ら声優陣『続投でよかったぁ〜』

2017/12/11 17:15 配信

NHK BSプレミアムにてアニメ「カードキャプターさくら クリアカード編」の放送が始まるのを前に、東京・渋谷のNHK放送センターで会見が行われ、声優の丹下桜くまいもとこ浅香守生監督らが出席した。

浅香守生監督は「『クリアカード編』で登場する水族館のスタッフは、『クロウカード編』の水族館スタッフと同じ」というマニアック過ぎる仕込みネタを披露

浅香守生監督は「『クリアカード編』で登場する水族館のスタッフは、『クロウカード編』の水族館スタッフと同じ」というマニアック過ぎる仕込みネタを披露

本作は封印を解いたことでバラバラになったカードを集めるため、主人公・木之本桜(声:丹下桜)が奮闘する冒険ファンタジー。1998年に「クロウカード編」がNHK-BSでアニメ化され、その後「さくらカード編」、そして劇場アニメもヒットするなどブームを巻き起こした。

「クロウカード編」の放送から20年の時を経た2018年、「クリアカード編」としてその続編が放送される。

2人がキャラクターになりきってせりふを披露する場面も

2人がキャラクターになりきってせりふを披露する場面も

最新作は桜や同級生の李小狼(声:くまいもとこ)が中学校に入学するところから始まるため、くまいは「私の役は男の子なので声変わりもするし、私だけ交代だったら切ないなと思っていたのですが、良かったです」とコメント。

「『カードキャプターさくら』=私の声優人生」と語る丹下も、「リメークの時に声優が代わることはよくあるので、続投と聞いて本当にほっとしました。うれしかったです」と笑顔を見せた。

【写真を見る】桜と小狼の再会シーンに、声優陣も赤面!

【写真を見る】桜と小狼の再会シーンに、声優陣も赤面!

(C)CLAMP・ST/講談社・NEP・NHK

第1話では、そんな2人が演じる桜と小狼の再会のシーンが見どころの1つ。そこでは坂本真綾による前シリーズのオープニングテーマ「プラチナ」のBGMが効果的に使われているなど、ファンにうれしい仕掛けもたくさんあるという。

「クリアカード編」は2018年1月7日(日) 朝7時30分スタートで、全22回。また、同局にて毎週金曜夜11時45分より、再放送も行われる。

「カードキャプターさくら クリアカード編」
2018年1月7日(日) スタート
毎週日曜朝7:30-7:55
※再放送は毎週金曜夜11:45-0:10
いずれもNHK BSプレミアムにて放送

関連番組

関連人物