「明日の約束」山口まゆ“最終話の日向先生の言葉は見る人すべてに刺さると思います”

2017/12/18 15:18 配信

ドラマ

12月19日(火)に最終話を迎える、井上真央主演「明日の約束」(夜9.00-9.54、フジ系)にて、謎の死を遂げた男子生徒・吉岡圭吾(遠藤健慎)が所属したバスケ部の2年生マネジャー・増田希美香を演じてきたのが、山口まゆ。母親のネグレクトに悩んでいたが、第1話でスクールカウンセラーの日向(井上)に問題を抱えることを気付かれ、苦しい状況から脱することができた。その後は、圭吾の死に責任を感じるバスケ部のキャプテン・大翔(金子大地)や勝(渡邉剣)、そして圭吾と同じ1年B組の生徒たちの心を救うべく、日向の強い味方として奮闘してきた。

いろいろと悩んで希美香を演じてきました

――演じる希美香は最初と中盤からの印象がだいぶ異なる役でしたよね。

最初は問題を抱えた女の子としての登場でしたが、その後はバスケ部のマネージャーとして、大翔くんをサポートしてあげたり、圭吾くんの妹の英美里ちゃん(竹内愛紗)のお母さんの問題をサポートしたり、わりと日向先生寄りの立場になってきた気がします。希美香にとって日向先生との出会いは本当に大きくて、そこから信頼関係が最終話までつながってきたという感じでしょうか。

――希美香は日向しか気付けない問題を秘めている子としての登場だったので、当初の見せ方はいろいろ意識したのでは?

はい。いろいろ悩みました。ネグレクトを受けている役だったので、役作りのためにいろいろ調べたのですが、同じように母親との問題を抱えている日向先生だけが唯一気付いてくれるという設定だったので、現場に入る前も入ってからも皆さんといろいろ相談しました。そして、日向先生には相談室を訪ねるシーンまでは心を開かないようにして、相談室で初めて井上さんの目を見るということを意識しました。それから、そこで初めて希美香は笑うので、そこまでは表情をこわばらせるようにしていました。

――井上さんと対峙することで引き出されたものもたくさんあったのでは?

いっぱい心が動きました。最終話の相談室のシーンのそうですし、日向先生の言葉が私自身にも響きました。撮影では自分のお芝居で精一杯なので、井上さんのお芝居を見る余裕はなかったのですが、毎回テレビでオンエアを見て、すごいなと思っていました。

――印象に残っているシーンは?

第6話の頭で日向先生がお母さんのことを本庄さん(工藤阿須加)に話すシーンです。そのときの井上さんの表情が何とも言えなくて…。希美香もお母さんとのことで悩んでいたので、それを思ったら、グッと心を持っていかれてしまいました。

――井上さんのお芝居のどんなところにすごさを感じますか?

切り替えの早さがすごいんです。現場では普通にスタッフさんと話したりしてるんですけど、始まるとパッと日向先生になるんです。日向先生が英美里ちゃんに『何やってんの!』というシーンがあったんですけど、直前まで普通に話してたの一気にお芝居に入って、聞いている私も泣きそうになりました。

――切り替えの早さについては聞けました?

聞いていないので、ぜひ聞きたいです。実は私、切り替えがなかなかできなくて。重いシーンを撮影するときは、朝からブルーになってしまうんです。第1話の暴れるシーンは初日だったのですが、朝から目つきが悪かったので、初めてお会いした方の印象は最悪だったと思います(笑)。気持ちを作るのに時間がかかってしまうので、あんな風にパッと切り替えができるのはすごいなって。それから泣くシーンもあったのですが、うまく泣けずに悩んでいたら、私の肩を抱いて、小さな声で「自分のタイミングでいいよ」って言ってくださったんです。見ただけで上手く泣けずにいることに気付いてくださったんだと思います。その後はすぐに泣くことができました。

山口まゆが撮影現場のエピソードを明かす! (2/3)

「明日の約束」最終話
12月19日(火)夜9:00-9:54
フジ系にて放送
【公式HP】https://www.ktv.jp/yakusoku/index.html
【公式Twitter】@yakusokuktv
【脚本】古家和尚
【音楽】眞鍋昭大
【プロデューサー】河西秀幸(カンテレ)
【演出】土方政人(共同テレビ)、小林義則(共同テレビ)


◆「明日の約束」特集ページはこちら!↓↓◆



◆WEBサイトザテレビジョンで「第95回ドラマアカデミー賞」投票受付中↓↓◆

関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース