SKE48・古畑奈和、メンバーにある一面をばらされた?

2018/01/04 07:00 配信

音楽

2018年10月にデビュー10周年を迎えるSKE48。1月10日(水)には22枚目のシングル「無意識の色」をリリースする。

「週刊ザテレビジョンPLUS」では、10周年イヤー突入&「無意識の色」リリース記念企画として、12月21日配信号から4週にわたってSKE48メンバーが登場。WEBサイト「ザテレビジョン」では、そのインタビューの完全版を公開する。

2週目となる今回はチームKIIの5期生・古畑奈和。「無意識の色」やSKE48の10周年イヤーのことに加え、意外な(?)一面も明らかに。

「深い楽曲を10周年イヤーのスタートにいただけてよかった」

――新曲「無意識の色」に古畑さんがどんなイメージを持っているか教えてもらえますか?

聞く人によって違う捉え方ができる曲だと思います。これまでは恋人同士の関係を描いた曲が多かったんですけど、今回は自分とファンの方だったり、メンバーだったり、いろいろな関係に置き換えて考えることができるんです。そういう深い楽曲を10周年イヤーのスタートにいただけてよかったなって思います。

――MVの撮影は、これまでのシングル曲の衣装を着て行ったということですが、古畑さんが着た衣装は?

私は「12月のカンガルー」「金の愛、銀の愛」「オキドキ」です。

――「オキドキ」は古畑さんのSKE48加入と同時期に発売されたシングルですが、その衣装を着てMVを撮影した感想は?

当時はまだ“見ている側”という気持ちだったので、自分がその衣装を着て選抜メンバーとしてMVを撮影しているというのは、不思議な感覚がしましたね。

古畑がSKE48の10周年イヤーにやりたいことは? (2/3)

ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース