声優サバイバル4終幕! オーディオドラマ出演枠は誰の手に!?

2018/01/06 17:50 配信

アニメ

去る2017年12月26日、「声優サバイバル4」のオーディオドラマ出演を懸けた公開オーディションが生テレにて放送された。出演者は12月23日に幕を閉じた「声優サバイバル4」個人配信ランキングの上位7名。レース終盤では1位と2位が頻繁に入れ替わる壮絶なデッドヒートが展開された。最終ランキングは以下の通り。

「声優サバイバル4」最終ランキング上位7名

1位:竹村かな/25,940,250DP

2位:菅沼美咲/25,438,350DP

3位:梅原愛子/12,803,920DP

4位:伊南咲希/10,444,630DP

5位:武石恵吏奈/8,391,420DP

6位:花坂ゆき/8,158,330DP

7位:金原美咲/6,992,910DP

イベントルールに基づき、優勝した竹村かなは声優雑誌「声優グランプリ」のグラビア&インタビュー記事掲載と角川スニーカー文庫の新作「特殊性癖教室へようこそ」のオーディオドラマの出演が決定。そして、上位7名は同オーディオドラマのオーディション参加権を得た。オーディオドラマの出演枠は作中に登場する女子学生である恭野、宮桃、伏黒の3キャラクター。出演確定の竹村かなを含め、その3キャラクターを誰が演じるか。今回の特番は、それを決めるためのオーディションを公開する、という趣旨だ。

まずは声優サバイバルプロデューサーと、審査員である角川スニーカー文庫の編集者・おにぎりマン氏と、本番でディレクションを担当するオトバンクの佐藤祐一氏の3人からオーディションルールが説明される。オーディション参加者は所定の4分間で、予め指定された恭野、宮桃、伏黒のセリフを演技。ランキング特典として、1位120秒、2位100秒というように順位に応じたボーナスタイムが用意されており、セリフをもう一度読むのも、審査員に熱意を伝えるのも自由。順位が高いほうがよりアピールできるが、7位でも所定時間は保証されているという仕組みだ。

芸能人とファンをつなぐ無料配信サービス「生テレ」はこちら!

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース