【会見全文】堂本光一 単独主演1600回突破へ「階段はもう、足で降りるよりも落ちたほうが早いです(笑)」

2018/02/05 04:01 配信

芸能一般

堂本光一主演「ENDLESS SHOCK」初日に新キャストの中山優馬とともに

堂本光一主演「ENDLESS SHOCK」初日に新キャストの中山優馬とともに

堂本光一主演ミュージカル「Endless SHOCK」が4日東京・帝国劇場で初日を迎えた。本番を前にした会見では堂本光一のほか、新キャストとなる中山優馬、滝本美織、久野綾希子が登壇。3月31日までの公演中、3月6日には単独主演1600回を迎える今作への意気込みを語った。

――新たなSHOCKが開幕になりますけれども、がらっと感じが変わりましたね

堂本光一 そうですね。自分としては2017年10月に博多で終わったばかりですので、そんなに期間も空いていなくて。その気持ちのままやれるかなと思ったら、これだけメンバーが変わると全然違って、良い緊張感があったり、新たな気持ちで。

――ずいぶん変わるって噂が

堂本 うーん、そうでも…。

――音楽とかオープニングとか

堂本 そんな大して変わらないですかね。僕が出たりするところはほとんど変わらないです。ですが、今回から(中山)優馬になりましたので、優馬が出るところをどうしようかとなりまして、優馬にあった曲じゃない方がいいだろうな、逆に、と思いまして。それで考えさせてもらいました。非常に良いナンバーになりましたよ。うらやましいぐらい。

――自分でやりたいくらい?

堂本 はい。でも僕、そのとき着替えていますんで。

――優馬くんは?

中山優馬 もう大好きなナンバーです。

――優馬くんにあっていないと。意外性を感じました?

中山 そうですね、あんまりやったことがない曲調で、歌っていて新鮮で楽しいですね。良いナンバーをいただきました。

堂本 ストーリー的にも、自分がやりたいことはこういうことじゃないのにっていうジレンマを持ちつつのところなので、それを感じられる曲にしたくて。

普通の作品、3本分くらいあるような… (2/5)

「Endless SHOCK」
主演:堂本光一
作・構成・演出:ジャニー喜多川
2月4日から3月31日まで東京帝国劇場にて公演