佐野岳が再びランナーに! 今度はダメ男!?

2018/02/07 07:15 配信

映画

映画「ふたつの昨日と僕の未来」制作発表会見に登壇したみきゃん、水樹奈々、相楽樹、佐野岳、大森研一監督、新居浜市・石川勝行市長(写真左から)

映画「ふたつの昨日と僕の未来」制作発表会見に登壇したみきゃん、水樹奈々、相楽樹、佐野岳、大森研一監督、新居浜市・石川勝行市長(写真左から)

愛媛・新居浜を舞台にした映画「ふたつの昨日と僕の未来」の制作が、2月6日に行われた発表会見で明らかにされた。

同作品は、「瀬戸内海賊物語」(2014年)、「海すずめ」(2016年)で若者たちのヒューマンドラマの演出・脚本力について高い評価を受け、ミニシアター規模でありながらもロングヒットを記録した大森研一監督が、自身の出身地である愛媛県を舞台に現実世界とパラレルワールドを奔走しながら、自分の生き方を見つける若者の姿を描くオリジナルファンタジー映画。公開は2018年秋以降を予定している。

主演は「仮面ライダー鎧武/ガイム」(2013-2014年、テレビ朝日系)で主人公の鎧武役を務め、ドラマ「陸王」(2017年、TBS系)では竹内涼真演じる茂木裕人役のライバル・毛塚直之役を好演するなど、さらなる飛躍が期待される佐野岳に決定。

ヒロインには、連続テレビ小説「とと姉ちゃん」(2016年、NHK総合ほか)で主人公・常子の妹役を好演し、「嫌われる勇気」(2017年、フジテレビ系)や「コウノドリ」(2017年、TBS系)など話題のドラマに出演し続ける相楽樹が出演した。

また、主題歌は作品の舞台である愛媛・新居浜市出身で、同市の観光大使も務める水樹奈々が担当する。さらに、今作品は愛媛・新居浜市の完全協力をもとに、全編同市でのオールロケで2月中旬から撮影スタートを予定しており、本作は新居浜市市制80周年記念映画としても据えられている。

制作発表会見には、佐野、相楽、水樹、大森研一監督、愛媛・新居浜市の石川勝行市長、愛媛県イメージアップキャラクー・みきゃんが登壇した。

佐野岳、相楽樹らが撮影前の心境を語る (2/2)

映画「ふたつの昨日と僕の未来」
2018年秋以降に公開予定
監督=大森研一
脚本=福田卓郎、大森研一
出演=佐野岳、相楽樹 ほか
主題歌=水樹奈々
(C)2018 映画「ふたつの昨日と僕の未来」製作委員会



ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!