30歳“どん底”女子の仕事や恋はどうなる?海野つなみ原作ドラマの主演が佐々木希に決定!

2018/02/10 08:34 配信

ドラマ

恋も仕事も失う“どん底”からスタートする30歳女子を演じる佐々木希

恋も仕事も失う“どん底”からスタートする30歳女子を演じる佐々木希

NHK総合にて、4月20日(金)から全10回のドラマ「デイジー・ラック」(毎週金曜夜10:00-10:45)が放送される。

主演を佐々木希が務め、夏菜、中川翔子、徳永えりらが共演する。

同作は、海野つなみの同名漫画が原作。

子どもの頃「ひなぎく会」という名前を付けて集まっていた幼なじみの楓(佐々木)、薫(夏菜)、ミチル(中川)、えみ(徳永)の4人は、えみの結婚式で久しぶりに再会。

だが、その当日楓は、勤務する会社が突然倒産し、恋人からもふられてしまう。楓は、子どもの頃からの夢だったパン職人になることを決意し、町のパン屋で厳しいパン職人修行の日々にまい進する。一方で、高級エステサロンに勤務する薫、極貧のカバン職人のミチル、新婚のえみの日常にも変化が訪れる。そんな30歳女子4人の“幸せ探し”を描く。

実写化について、海野は「自分の中でも大事な話なので、ドラマ化されてうれしいです。結婚や出産で人生が変わることが多い20~30代は、女性には特に大きな転機だったりします。このドラマがそんな皆さんへのエールになればいいなと思います」と喜びのコメントを寄せた。

そして、主演の佐々木は「『私には何もない!』という、楓のどん底状態からスタートする物語。アラサー世代なら誰もが共感する部分が、胸がチクりと痛くなるくらいリアルで切実に、そして泥臭く描かれており、『どうにか頑張れ!』と心の中で思いながら台本を読みました。幼なじみのアラサー女性が、恋や仕事、生きることにもがきながらどう成長していくのか、私自身も楽しみです」と語る。

NHK総合の金曜夜10時のドラマ枠「ドラマ10」では、近年多くの名作が生まれており、同作への期待も高まっている。

「デイジー・ラック」
4月20日(金)スタート
毎週金曜夜10:00-10:45
NH総合で放送

ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!