燃える新ヒーロー・結木滉星「これまでのレッドの中で誰より熱く演じたい!!」

2018/02/11 07:16 配信

ドラマ

2月11日(日)からスタートする「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」(テレビ朝日系)でパトレン1号・朝加圭一郎役を演じている結木さん。スーパー戦隊シリーズ42作目となる今作は、テレビシリーズ初のW戦隊。宿命のライバルである快盗戦隊ルパンレンジャーと警察戦隊パトレンジャーが対立しながら、異世界犯罪集団・ギャングラーに奪われた宝物“ルパンコレクション”を取り戻すストーリーだ。幼少の頃、スーパー戦隊に憧れたという結木さんに今作にかける熱い思いを直撃インタビュー!

“泥臭く、昭和っぽいレッド”を目指したい

――まずはスーパー戦隊シリーズのレッド(パトレン1号)役に決まった今の気持ちを教えてください。

幼い頃に勇気をもらっていたシリーズのレッド役として出演できるなんて、本当に嬉しいです。今度は自分がヒーローとして子供たちに勇気と希望を与えられるように頑張らなくてはならないという責任を感じながら演じている毎日です。

――今回は快盗戦隊ルパンレンジャーと警察戦隊パトレンジャーのW戦隊でレッドがふたりいるという今までにない設定

が魅力ですね。

そうですね。警察戦隊と快盗戦隊は、互いの目的や考え方の違いで対立しながら、世界の平和を脅かす悪の組織・ギャングラーに立ち向かいます。その三つ巴の戦いが今までのテレビシリーズにない見所です。

――結木さんが演じるパトレン1号の朝加圭一郎はどんなキャラクターなんでしょうか?

僕が演じる圭一郎は、正統派のレッドで真面目な警察官。今回、レッドがふたりいるんですが、同じレッドでもルパンレッド(伊藤あさひ)の芯はしっかりしているけど軽薄な雰囲気で圭一郎とは対照的なんです。これまでのレッドの中で誰よりも熱く演じたいですね。泥臭く、昭和っぽい雰囲気を出したいです。

―-役どころと重なる点はありそうですか?

僕はひとつのことに集中すると周りが見えなくなるタイプなんですが、そこは感情のままに行動する熱い圭一郎との共通点。舞台「ハイパープロジェクション演劇ハイキュー!!“進化の夏”」の共演者や地元の仲間とフットサルをやっているときは、めちゃくちゃ熱いですから。

メンバーとは「グループラインも作りました」 (2/3)

「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」
テレビ朝日系
2月11日(日)スタート
毎週日曜朝9:30~

関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース