井之脇海がドラマ初主演!「やっとスタートライン」

2018/03/07 12:46 配信

ドラマ

夢も希望のない青年と、謎に満ちた女性のミステリー「デッドフレイ ~青い殺意~」(3/23金曜夜10:00-10:50、NHK総合)で、ドラマ初主演を飾る井之脇海。連続テレビ小説「ひよっこ」や大河ドラマ「おんな城主 直虎」(共に2017年NHK総合)に出演し、人気も注目度も急上昇中の22歳だ。

――今回の作品、主演してみての感想はいかがでしたか?

台本を読む前にお話をいただいたんですが、実はドラマの主演は初めてで。映画や連続ドラマとは違って、今回は1時間の物語で主人公を演じるのがとても難しそうだなと思いましたね。でも、台本を読んでみたらとても面白かったので、安心して臨むことができました。

――台本の一番最初に名前があるのはどんな気分でした?

なんか不思議でしたね。今まで役の大小とか気にしてなかったんです。自分が何番手でもやる作業としては同じなので。でも、いざ最初に自分の名前を見たときは、うれしかったですね。でもやっとスタートラインだと思っています。

――今回の直樹という役柄はどんな印象を持ちましたか?

直樹は孤独を抱えていて、人とコミュケーションをとれなくて「エリナ」という架空の女の子のアプリとしか話せない人。でも、直樹のことが分かるところも多くて。直樹の場合は誰が見てもこの人は孤独なんだなというのが分かりますが、僕も普段暮らしていて、内的な孤独はあるんですよね。心を許せる友達はいるけど、バイバイした瞬間から孤独になってしまうこともあるわけで。“孤独”という言葉を意識している人は少なくても、一人の時間が好きな人は多いと思うんです。僕も、映画を作るときとかは人と関わらないと作れないので、そういうのはすごく好きですが、目的もなくこれ何の時間なんだろうっていう感じで群れるのは好きじゃないです。そういう意味では、直樹の孤独は共感できる部分があるんじゃないかと思います。

――直樹を演じるにあたって心掛けたことは?

直樹は感情の表現がうまい人ではなくて。それこそ前後とかを考えずにそのシーンだけを考えて演じると、極端な、静かか怒っているとか、ゼロか百かしか振れ幅がないなと思ったんです。なので、ちゃんと感情にグラデーションをつけて、全てのシーンを大切に演じました。

――紗耶役のミムラさんとの共演はいかがでしたか?

ミムラさんはものすごくクレバーな方なんです。台本の読み解きが素晴らしくて。紗耶を構築するにあたって、自分の役を演じるだけでなく、直樹にどう思ってほしいか、自分の役が誰にどう影響を与えるかを読み解いているんです。僕にはまだそこまでの技術はなくて、自分の役を演じるので精一杯なところもあるので。こういう台本の読み方があるんだ、こういう役の作り方があるんだというのを、近くで見させてもらって勉強になりました。

――今回はミステリーな展開なので、笑顔のシーンも少ないとか。

そうですね。ほんわかしたシーンは数えるぐらいしかなくて、あとは“デッドフレイ”のような砂漠、渇いたところでもがく人達の話なので。唯一といっていいのは、紗耶の子供に自転車を教えるシーンがあるんですけど、そこは監督が、自由に楽しく笑顔が見えてもいいっていうので、それまでなかった表情が見えるかなと思います。

――今回の作品、見ている方にどのように感じてもらいたいと思いますか?

おそらく現代の、特に若者は外的な孤独はなくても内的な孤独は抱えていると思うんです。直樹や紗耶の姿を見てもらえたら、自分の孤独を見つめ直すようなきっかけにもなると思います。そんな中で、直樹がちょっと成長していく話なので…といっても、下を向いていたのが前を向けるようになったくらいの成長ですけど。見ていただいた方にも何か感じることが、絶対あると思います。

――昨年は朝ドラや大河ドラマ、映画など数々の作品に出演していらっしゃいます。改めて演じることの楽しさ、魅力は何だと思いますか。

昨年は特にいろんな役と触れ合うことができて、いろんな人を生きることができました。それが演じることの一番の魅力だと思います。直樹を演じたときも、似ているところがあるとはいえ、別な人を生きてみて初めてこういう人もいるんだ、こういう考え方もあるんだとか、いろんなことを学べました。たくさん役をやればやるほど、苦しいこともありますけど、そういった経験をして自分自身が成長できる。そういうところですよね、役者の魅力って。

――3月には大学を卒業されますが、今後の目標は?

役者以外は考えてないですね。単純に好きで楽しくてやっているので、他を選ぶ理由がないというか。目標ですか…、そうですね。死ぬまでに1本でも多くの作品に関わりたいということですかね。最初に言ったように、役の大小とか作品の大小はそんな関係ないと思ってるので、これからもいろんな人生を生きてみたいなと思っています。

取材・文=吉野千絵

創作テレビドラマ大賞
「デッドフレイ ~青い殺意~」
3/23(金)夜10:00-10:50
NHK総合で放送