「越路吹雪物語」最終回に大地真央、瀧本美織、岩淵心咲ら3世代の越路が集結!

2018/03/29 07:00 配信

ドラマ

(写真左から)3世代の越路吹雪を演じた瀧本美織、大地真央、岩淵心咲

(写真左から)3世代の越路吹雪を演じた瀧本美織、大地真央、岩淵心咲

3月30日(金)に最終回を迎える帯ドラマ劇場「越路吹雪物語」(テレビ朝日系ほか)に、3世代の越路吹雪を演じた大地真央、瀧本美織、岩淵心咲の3人が勢ぞろいする。

昭和の歌姫・越路(本名・河野美保子)の激動の人生を、盟友・岩谷時子との友情を交えて描いてきた本作。最終話では、がんで余命3カ月と診断された越路の人生のクライマックスがつづられる。

撮影現場では監督から、「小さい美保子」「真ん中の美保子」「デカ美保子」の愛称で呼ばれていた3人がそろうのは、病床の越路が自らの人生に思いをはせるラストシーン。

越路の人生をつないできた3人が初めて一堂に会し、波乱の生涯をしめくくる。

最終話のあらすじ/3月30日(金)放送

手術から1カ月足らずで美保子は退院。静養を兼ねて夫・内藤法美(吉田栄作)らと共に長野の別荘に出掛ける。だが、ほどなくまた胃の痛みを訴え、再入院することになる。

闘病が続く中、美保子は突然「やりたいことはみんなやってきたから、この世に悔いはない」と時子(市毛良枝)に告げて…。

帯ドラマ劇場「越路吹雪物語」
毎週月~金曜昼0:30-0:50ほか
テレビ朝日系ほかで放送

◆「ドラマアカデミー賞」投票受け中!!↓↓◆