沢村一樹、初タッグ・伊藤歩の役作りに感激! 「星座からアプローチなんてしたことなかった!」

2018/04/11 06:00 配信

ドラマ

4月15日(日)放送の「ドラマスペシャル CHIEF~警視庁IR分析室~」(テレビ朝日系)で、初タッグを組んだ沢村一樹と伊藤歩にインタビューを行った。

同ドラマは、現代社会において武器にも身を守る手段にもなりうるツール“情報”に対応するべく、警視庁が立ち上げた「IR分析室」の活躍を描く。

元捜査一課のエース刑事にして「IR分析室」の主任(=チーフ)である本作の主人公・深町功太郎を演じる沢村と、部下で“バディ”の泉本乃梨子役の伊藤に、ドラマへの思いや自身の役柄、現場の様子などを語ってもらった。

ひげで浮世離れを演出

――以前、弊社のインタビューで「ビンテージ家具にハマっている」とおっしゃっていましたが、今でもお変わりないですか?

沢村:あ~!(笑) そうですね、今はだいぶ抑えるようにしています。同じ物を何回も買っちゃうので…。ですが、インターネットで見て、良さそうなものはチェックしています。最近は買い方が上手になりましたよ!

――それでもまだ、家具は増えていく一方で…?

沢村:あの、すごくぜいたくなんですけど、知人にあげたり、買い取ってもらったりして調整しています。

伊藤:そうなんですね。

――ひげは役作りのために生やされたのですか?

沢村:今回は刑事役なので、ひげがあると、ちょっと顎に手を当てているだけでも考えているように見える。何となく浮世離れしているような…。エリート刑事ではないんですけどね。

これは僕の勝手な設定なんですが、「深町は幹部候補として入ってきたのはいいものの、どうしても上層部とのやり方が合わなくて、反抗ばかりしていたら分析室に飛ばされた」という設定にしています。

――ご自身の中で?

沢村:はい(笑)。勝手な想像です。

伊藤:何となく分かります(笑)。

――泉本という役は、上昇志向の強い女性に感じますが、伊藤さんご自身はいかがですか?

伊藤:上昇志向はすごくありますね。

沢村:そうなの!?

伊藤:もっと演技うまくなりたいな、とか。このお仕事でも出世したいです! 私、貪欲なので。

沢村:貪欲なんだ。のんびりしていて、ガツガツしていないと思っていたけど。

いい加減なところが似ている!? (2/3)

「ドラマスペシャル CHIEF~警視庁IR分析室~」
4月15日(日)夜9:00-11:05
テレビ朝日系で放送

ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!


関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース