“なこみく”が“早送り”したいと思う瞬間は? 「早送りカレンダー」Wセンターを直撃!

2018/04/18 12:30 配信

音楽

HKT48 11枚目のシングル「早送りカレンダー」でWセンターを務める田中美久(右)&矢吹奈子(左)にインタビュー!

HKT48 11枚目のシングル「早送りカレンダー」でWセンターを務める田中美久(右)&矢吹奈子(左)にインタビュー!

5月2日(水)に、HKT48の11thシングル「早送りカレンダー」がリリースされる。今回の選抜メンバーは3月31日に行われた「HKT48春のアリーナツアー2018~これが博多のやり方だ!~」のさいたまスーパーアリーナ公演後に公式Twitterなどで告知され、“なこみく”こと田中美久&矢吹奈子がWセンターを務めることが発表された。

今回はそんな“なこみく”にインタビュー。MV撮影の様子や、“早送り”したいと思う瞬間など、話を聞いた。

「今までとは景色が全然違いました」(矢吹)

――この「早送りカレンダー」のWセンターだって聞いたのはいつごろだったんですか?

矢吹:MV撮影の当日です。

田中:奈子ちゃんは撮影が始まる前で、私は撮ってる合間に言われました。尾崎(充)支配人からは「今回は美久、頼んだからな」って声を掛けられて。

矢吹:「今回は“なこみく”でいこうと思ってる」って。ダンスシーンの撮影も、前に誰もメンバーがいない状態なので、今までとは全然景色が違いましたし、緊張しちゃいました。

田中:私は、センターだって(世間に)発表されていなかったから、実感はそんなになかったんですけど、Twitterの選抜メンバー発表で「センターは“なこみく”だ」って出て、ファンの方の反応を見たりして実感が湧いてきました。

――「早送りカレンダー」はどんな曲になっているんでしょうか?

田中:明るい曲調で盛り上がるし、かわいいだけじゃなくって、ダンスも“つまみんダンス”っていう振りを付けてくださったので、はやってほしいなと思います。

――その振付師さんは初めての方だったんですか?

田中:AKB48さんの「ジャーバージャ」などを担当している、印象的な振り付けをされる方(CRE8BOY氏)で。

矢吹:SKE48さんの「意外にマンゴー」とか。

――MV撮影は福岡ロケだったと聞いていますが、どんなところで撮ったんですか?

矢吹:3人ずつくらいのグループに分かれて撮ったので、私はみくりん(田中)とは違う場所だったんです。ヤフオクドームや中洲近くの公園で撮りました。

田中:私は有名なビルに面した通りとか。あと、福岡市内を観光するバス(「福岡オープントップバス」)に乗って、高速道路をグーンと回って撮りました。

――撮影で印象に残ったことはありますか?

田中:行く場所全部が知っていたり、よく遊んでるところだったりしたので、不思議な感じがしました。「次は○○で撮ります」って言われても、東京だったら絶対に分からないと思うんですけど、福岡だったからスタッフさんよりも早く行動できてましたね(笑)。

矢吹:衣装がカラフルだったり、ももち浜で撮影をしたりしたので、“インスタ映え”する感じになっていると思います(笑)。

田中:メンバーがそれぞれ色分けをされているんです。今回のMVは「メンバーが物に触れたりしたら、次々に街の色が変わっていく」っていう内容なので、すごくカラフルになっていると思います。

“なこみく”が早送りしたかったこととは? (2/3)

「早送りカレンダー」
5月2日(水)リリース
【形態】TYPE-A~C
【価格】1524円(+税)

◆アイドルたちの最新情報はこちら!↓↓◆


ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース