「半分、青い。」の弓道美少女・古畑星夏が、これまでの“朝ドラ”を覆す!?

2018/04/18 10:15 配信

ドラマ

放送中の連続テレビ小説「半分、青い。」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)に、古畑星夏演じる伊藤清(さや)が登場した。

清は弓道部の交流試合のため鈴愛(永野芽郁)たちの通う高校を訪れた美少女で、律(佐藤健)と“電撃的な”出会いを果たした。清の存在は次第に、鈴愛と律の絆に大きな影を落としていくという。

そんな本作のキーパーソン・古畑星夏に、撮影中のエピソードや今後の見どころを聞いた。

「この人いいかも」と思う“勘”は清と同じ

──“朝ドラ”初出演の感想を教えてください。

“朝ドラ”のオーディションは何回も受けていたので、出演のお話をいただいた時は素直にうれしかったです。“朝ドラ”を毎日見ている祖母のことも、喜ばせられるなと思いました。

──プレッシャーはありましたか?

撮影に入る前は感じなかったのですが、いざ始まるとかなり緊張しました! いつもは噛まないせりふを噛んだり、せりふも「もっと覚えられるはずなのに…」と思うことが結構ありました。

渋谷で「ずんだシェイク」を買って帰るのを、毎日の楽しみにしていたんです(笑)。

──清の役設定を聞いた時は、どう感じましたか?

「みんなを虜(とりこ)にする、弓道が上手なマドンナ」の役なんて、私には難しいなと思いました(笑)。台本を読んでも(感情の)緩急が激しい役だと思ったし、不安が大きかったです。

──自身と清に、似ているところはありますか?

律と再会した時に、心に残るある一言を言うんです。「あ、この人いいかも」と思う時の“勘”みたいなものは、私と清の似ているところだと思います。

──学校でのロケはいかがでしたか?

学校ってこんなに寒かったんだなと、思い出しました(笑)。でも、やっぱり青春の舞台だし、戻りたいなと思いました。

弓道初体験は、心構えから

──弓道の経験はあったのですか?

弓道をするのは、今回が初めてです。服装や立ち姿を見て「弓道ってかっこいい」と思っていたので、役でできると聞いてうれしかったです。

でも、いざ練習してみると難しくて。弓の持ち方や立ち方、どれもすごく複雑なんです。筋肉痛になるし、矢は飛ばないし、嫌になっちゃいそうでした (笑)。

最終的にはちゃんと的に当たるようになったので、挑戦してよかったなと思っています。

──弓道着を着られて、いかがでしたか?

小さいころ合気道をやっていたので、胴着には慣れていたんです。でも、袴を付けたことは無くて、憧れていました。袴の付け方って、意外と難しいんですよね。そこは先生も手伝ってくれないので(笑)、大変でした。

ただ、ちゃんと着ることも弓道の一つの動作ですし、そういう心構えから学べたと思います。弓道のおかげで、作品にも役にもナチュラルに入れたのかもしれません。

永野芽郁のギャップに驚き! (2/2)

連続テレビ小説「半分、青い。」
毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか
NHK総合ほかで放送

◆連続テレビ小説「半分、青い。」のニュース記事まとめはコチラ!◆


ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース