吉田羊「恋愛とは本能的なもの」若手女優・兵藤美帆が直撃!

2018/05/09 20:24 配信

映画

5月11日(金)公開の映画「ラブ×ドック」で単独初主演を務める吉田羊。ライブ配信サービス「生テレ」で行われたオーディション企画から選ばれた若手女優・兵藤美帆が、舞台・映画・ドラマ・CMなど幅広く活躍する“憧れの先輩”吉田に話を聞いた。

「小道具からも役作りのヒントを得るんですか!?」(兵藤)

兵藤「吉田さんは映画『ラブ×ドック』で単独では初となる主演を務められました。プレッシャーを感じたり、現場の雰囲気を作ったりと、苦労された点はありますか?」

吉田「『主演だから…』といったプレッシャーは正直ありませんでした。というのも、私は作品をつくる時にいつも思うのですが、やっぱり役者1人では作品をつくることは出来ないんですよ。今回はたまたま主演という大きな役をいただきましたけど、共演者のみなさんやスタッフさんあってのことなので、俳優部の1人として『みんなで作品をつくっていこう!』という気持ちの方が大きかったように思います。ただ、完成後の試写を観た時には、主演という事で自分のカットがやはりとても多くて(笑)。ここはちょっと気になるなと思った部分は少しありましたね。あとは、監督の鈴木おさむさんが初日から『僕は今回初めての監督で何もわからないので、みなさん教えてください」と仰られて。手放しで正直にそう仰られたから、スタッフさんも含め私たち俳優部も『自分たちがそれぞれしっかりしないといけないね』となれました。そのことをきっかけに、気持ちを1つにしてゴールまで向かえたと思いますね」

兵藤「“役者1人では作品をつくることは出来ない”という言葉、とても胸に響きます! 気を付けた点については?」

吉田「基本的に私は誰かのお仕事を見ることが好きで、例えば照明さんですとか、美術さんですとか、どの現場でも視覚的に役のインスピレーションをいただくことがすごく多いんです。夕方の撮影ではないのに、照明の力で綺麗な夕焼けを作ってもらえると、一気に夕方にいるような気分に入れて気持ちがキュンとなるとか、あとは私が演じた飛鳥の家の飾りを目にした時に、飛鳥はこんな家に住んでこんな小物を買っているんだなとか。そういう美術から『演じる人物の日常生活はこんなかな?』と想像するのが楽しいですよね。だから美術さん1人ひとりのプロのお仕事を拝見した時には、『これ素敵ですね』とか『これ飛鳥っぽいですね!』とか、いつも必ず口に出して伝えるようにしているんですけど、今回はさらに意識していたかもしれないです」

その人の日常生活が見えることを大事に (2/4)

映画「ラブ×ドック」
5月11日(金)よりTOHOシネマズ新宿ほか全国ロードショー

監督・脚本:鈴木おさむ
出演:吉田 羊 野村周平 大久保佳代子 篠原 篤 唐田えりか
   成田 凌/広末涼子 吉田鋼太郎(特別出演)/玉木 宏 ほか
ミュージックディレクション&主題歌:加藤ミリヤ
配給:アスミック・エース (C)2018『ラブ×ドック』製作委員会
公式サイト: http://lovedoc.asmik-ace.co.jp




ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!