工藤阿須加、役作りは「パズルのピースをはめるように」

2018/05/02 06:00 配信

ドラマ

「未解決の女 警視庁文書捜査官」岡部守役・工藤阿須加

「未解決の女 警視庁文書捜査官」岡部守役・工藤阿須加

波瑠と鈴木京香が初タッグを組んだドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官」(毎週木曜夜9:00-9:54、テレビ朝日系)。

本作は、麻見和史の警察小説を原作に、肉体派熱血刑事の朋(波瑠)と、文字フェチの頭脳派刑事・理沙(鈴木京香)がバディを組み、文字や文章を糸口に未解決事件の真相を追うミステリードラマだ。

今回、警視庁捜査一課の強行犯係に所属する、朋の同期の刑事・岡部守を演じる工藤阿須加に、作品への思いや見どころについて語ってもらった。

とても心地よい現場です

―工藤さんが演じる岡部守について教えてください。

波瑠さん演じる矢代朋とは同期の刑事で、臆病なところもあるのですが、まだ少し背伸びをしている“若手刑事”です。矢代にはライバル心を抱いているのですが、どこかで矢代のことが気になっている。まだ何も矢代へのアクションは起こしていませんが、そういった部分でも臆病なところが出ているかもしれません。

鈴木京香さん演じる理沙さんとは、対立するシーンもあります。岡部は、実力がある人間は認めるのですが、文書解読というものをまだ信用しきれていないので、理沙さんを見下している面もあります。そこが岡部の悪いところでもありますね。

――共演者の方々の印象はいかがですか?

波瑠さんとは今作で3回目の共演で、「BORDER 衝動」(2017年、テレビ朝日系)では刑事役として共演させていただきました。年齢も同じで、変に気を遣う必要もないですし、いい空気感でお芝居をさせていただける女優さんです。

先輩刑事役の光石(研)さんとはプライベートでもお会いしたことがありますし、公私ともにかわいがってくださるので、撮影現場でもご一緒させていただいて落ち着きます。

光石さんや、同じく先輩刑事役の山内(圭哉)さんのお芝居を拝見して、引っ張ってもらいながら僕も自由に演じさせていただいています。沢村(一樹)さんや波瑠さん、そして僕たちのチームで多少の対立はありますが、事件を解決したいという思いは同じなので、そこがドラマの面白みにもつながっていると思っています。いい意味でフラットな状態で撮影に臨ませていただいているので、とても心地よい現場です。

波瑠のアクションシーンに感激!? (2/3)

「未解決の女 警視庁文書捜査官」
毎週木曜夜9:00-9:54
テレビ朝日系で放送

◆4月スタートの連続ドラマまとめはコチラ↓↓◆

関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース