シソンヌ・じろうが監督に土下座!? 映画『美人が婚活してみたら』舞台あいさつ

2018/04/26 19:04 配信

大九明子監督とエンディング曲も担当した主役の黒川芽以

大九明子監督とエンディング曲も担当した主役の黒川芽以

4月22日(日)、那覇市の桜坂劇場ホールで「島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭」TV DIRECTOR'S MOVIE『美人が婚活してみたら』の上映と舞台あいさつが行われ黒川芽以中村倫也、シソンヌのじろう大九明子監督が登壇した。

同作品は、人気コミックをもとに、現代の婚活模様、女性の生き方をを描く恋愛コメディー。じろうが脚本を担当し、映画『勝手にふるえてろ』が大ヒットロングラン中の大九明子監督とタッグを組んだ作品。

黒川は映画について「この映画はまだ撮り終えたばかりで、こんなに早く観てもらえるなんてうれしい。思いつめて演じていたので、今でも(主人公が抜けきれず)まだ客観視できないでいます」とコメント。作中の女性同士の会話がリアルだという感想に「臼田あさみちゃんとのシーンは大事だと思い、丁寧に演じるように心掛けた」と明かし、多くの女性客の共感を得ていた。

中村が「エンディング聞きましたか?黒川芽以が歌っているんですよ!」と明かすと、「やめてくださいよ」と照れ顔に。続けて「僕の役どころはいい人どまりの役でしたし、ちょっと変な人という設定だったので、ちょっと変に演じました」と茶目っけに話すと、会場からは笑いが起こった。

脚本を担当したじろうは「スケジュールがタイトな中での仕事でしたので、とても大変でした。もう無理だと思って、監督に一度辞めさせてくださいと土下座したんですよ」と告白。大九監督は「(その後じろうは)一晩で脚本の初稿を書き上げてきた」と絶賛。「作品中で田中圭が言うかっこいいセリフがあるんですが、それを読んだとき“こんなこと書けるんだ、じろうめ”っとつぶやいちゃいましたよ」と、じろうをベタ褒めし、苦労して脚本を書き上げたじろうも、努力が報われたようで、ホッとしながらも照れ笑いを浮かべていた。

大九監督は「大学時代に琉球民族学のゼミを受けていて、沖縄には深いゆかりがあります。私の人生に深い関わりを持つ沖縄の地で、皆さんに最初に見ていただけたことを誇りに思います」と縁を感じる感謝の言葉で舞台あいさつを締めくくった。

映画『美人が婚活してみたら』は、2019年公開予定。

関連人物