坂口健太郎、「シグナルー」トークイベントで現場の雰囲気を告白!

2018/05/01 19:10 配信

ドラマ

5月1日(火)に行われた「シグナルー」(毎週火曜夜9:00-9:54、フジテレビ系)のトークイベントに登壇した坂口健太郎ら

5月1日(火)に行われた「シグナルー」(毎週火曜夜9:00-9:54、フジテレビ系)のトークイベントに登壇した坂口健太郎ら

現在放送中のドラマ「シグナル 長期未解決事件捜査班」(毎週火曜夜9:00-9:54、フジテレビ系)のトークイベントが東京・台場のフジテレビ内で行われた。

同ドラマは、主人公の刑事・健人(坂口健太郎)が、謎の無線機を通じてつながった”過去”の刑事・大山(北村一輝)と長期未解決事件に挑んでいくヒューマンサスペンス。

イベントでは、抽選により選ばれたドラマファンが一足早く、5月1日(火)放送の第4話を視聴。その後、健人を演じる坂口と、健人と同じ長期未解決捜査班チームの一員である山田役の木村祐一、小島役の池田鉄洋に加え、北野みどり役で本作にゲスト出演している佐久間由衣が登壇した。

撮影現場の雰囲気について坂口が「意外と序盤から打ち解けやすかったです」と話すと、隣の木村が「健太郎くんが『話、ふってきてください』って感じなんですよ」と明かし、池田も「みんなを受け入れる”座長感”がすごいんです!」と坂口を絶賛した。

また、印象に残ったシーンとして佐久間は第4話を挙げ、「初めてのアクションシーンがあって、難しかったです。あと、1997年代にはやったカラーメークをしたり、初めてのことだらけだったので、楽しんで演じることができました」とコメント。

最後に、5月1日(火)放送の第4話の見どころについて坂口は、「毎話ある過去を生きる大山(北村一輝)とのつながりも見どころですが、第4話に関しては過去の変化や大山の苦悩に心が持っていかれました」と語った。

そんな第4話では、長期未解決捜査班が1997年の女性連続殺人事件の再捜査を行う中、過去の事件と酷似した犯行による新たな事件が発生。

犯行が再開されたと考えた健人は、次なる被害者を出さないため、再び無線で1997年の大山に呼びかける。そこで、次の被害者が顔なじみのみどり(佐久間)だと知った大山は、激しく動揺し、必死でみどりを探し回る。その間、健人も事態が好転することをじっと待っていた…。

「シグナル 長期未解決事件捜査班」
毎週火曜夜9:00-9:54
フジテレビ系にて放送
【公式HP】https://www.ktv.jp/signal/index.html
【出演】坂口健太郎、北村一輝、吉瀬美智子、木村祐一、池田鉄洋、青野楓、神尾楓珠、甲本雅裕、渡部篤郎ほか
【主題歌】BTS (防弾少年団) 「Don’t Leave Me」(Def Jam Recordings)
【脚本】尾崎将也
【プロデューサー】萩原崇(カンテレ)、笠置高弘(カンテレ)、石田麻衣(ホリプロ)


ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース