「半分、青い。」松雪泰子、『ずっと“お母さん”でいる気分です』

2018/05/04 08:15 配信

第5週を放送中の連続テレビ小説「半分、青い。」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)。5月4日(金)にオンエアされた第29回では、鈴愛(永野芽郁)の上京に反対していた母・晴(松雪泰子)が心を決め、「鈴愛の夢は、お母ちゃんの夢や」と娘の背中を押してやる印象的なシーンが放送された。

怒ると怖いが、実は涙もろくてお人よし。そんな晴を演じる松雪泰子は、特に思い入れのある場面として「上京すると決めた鈴愛が、実際に上京するまでの一連のシーン」を挙げる。意外にも“朝ドラ”初出演である松雪に、撮影でのエピソードや今後の見どころを聞いた。

連続テレビ小説「半分、青い。」に出演する松雪泰子にインタビュー

連続テレビ小説「半分、青い。」に出演する松雪泰子にインタビュー

(C)NHK

晴さんが生きているのは、自分の両親がたどった時間

──“朝ドラ”に出演されてみていかがですか?

北川さんの脚本はタッチが独特ですし、きっと“朝ドラらしからぬ”朝ドラなんですよね。ですから、あまり“朝ドラ”を意識せずに演じています。

ただ、1つの役を長いスパンで演じるのは、特有の面白さがあると思っていて。濃く描かれている母と娘の関係性が鈴愛の上京後どう変わるのか、楽しみにしています。

それから、私自身も子育てをしているので、朝はお弁当を作って、子どもを送り出してからスタジオに来るんです。そして、撮影現場に来てもお母さん役。2つの家族を持っているような気分になる、貴重な経験をさせていただいています(笑)。

松雪は実生活でも“お母さん”だ

松雪は実生活でも“お母さん”だ

(C)NHK

──出演がきっかけで、変わったことはありますか?

自分の親のことを考えることが多くなりました。鈴愛が1971年生まれで、私は72年生まれなんです。ですから、晴さんっていうのは、私の親が生きて来た時間を生きている人で。両親のたどった時間を思うと、あらためて感謝の気持ちが起こりましたね。

──晴さんは、脚本の北川悦吏子さんが“当て書き”をされたそうですが、それを感じますか?

晴さんと私自身のキャラクターは全く違うので、どうでしょうか…。あ、でも、“当て書き”をしてくださったとはっきり分かるのは、「手が大きすぎるがゆえに、おにぎりがものすごく大きくなる」っていうシーン(笑)。私もすごく手が大きいんです。

新生児役で登場した赤ちゃん、“本当のママ”が泣いちゃった!? (2/3)

連続テレビ小説「半分、青い。」
毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか
NHK総合ほかで放送

◆連続テレビ小説「半分、青い。」のニュース記事まとめはコチラ!◆


ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

関連番組

関連人物