声優初挑戦の宮司愛海アナ「高校生のとき、一日6~7時間アニメを見てました(笑)」

2018/05/11 07:00 配信

アニメ

フジテレビに入社し、今年4年目を迎えた宮司愛海アナウンサー。現在、情報番組とスポーツ番組のキャスター、バラエティーの司会と多岐に渡って活躍中だが、このたび5月13日(日)放送のアニメ「レイトン ミステリー探偵社~カトリーのナゾトキファイル~」(毎週日曜朝8:30-9:00、フジテレビ系)の第6話で、初めて声優にも挑戦。その感想を聞いた。

「収録前に、声優さんが仮でセリフを吹き込んでくれたDVDをいただいて。それを参考に何度か家で練習したのですが、全然うまくできなくて。普段アニメもよく見るので何となくイメージはありましたが、“演技”をするという経験がなさすぎて、『これはできるのかな…』と不安でいっぱいになったのが最初でした」

本番のアフレコも、アナウンサーとしてのクセを取り除くことに苦労したという。

「アナウンサーは、原稿を読むときに高い音から入って低い音で終わるというリズムが基本なんです。でもアニメでは、セリフの頭から感情を出さなくてはいけない。その違いに苦労しましたね」

アナウンサーと違い、声優では“声の演技”というものが求められる。その点も難しかったと語る。

「自分ではキャラクターになり切っているつもりなんですが、なかなか…。特につぶやく演技が難しかったです。普段は声を張ることを意識しているんですけど、つぶやくシーンでは、声のトーンを落としながらも滑舌よくしゃべらなくてはいけない。その感覚がつかめなくて、何度も録り直しました。それまでは、同じ声を仕事にしていることもあって、声優という職業にシンパシーを感じていたんですけど、全く違いました! 少しでも似てると思っていた自分が恥ずかしいです…」

自分の新たな一面を発見? (2/4)

「レイトン ミステリー探偵社 ~カトリーのナゾトキファイル~」
毎週日曜朝8:30-9:00
フジテレビ系で放送

ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!