学生たちの思わぬ反応に瑛太が生田斗真に「ごめん、斗真」

2018/05/15 06:00 配信

映画

5月25日(金)公開の映画「友罪」にW主演する生田斗真と瑛太、監督の瀬々敬久が、14日に都内の明治大学で、「少年犯罪」を学ぶ学生とのディスカッションに参加。生田は友人が大きな罪を犯していた場合、それまでの関係を続けるか聞かれると「少しでも、自分の力で、彼のその後の将来が変わってくれるんじゃないかという期待は、持ち続けていくんだろうなとは思います」と語った。

少年Aが起こした神戸の連続児童殺傷事件をベースにした薬丸岳の同名小説を実写化した本作は、ジャーナリストの夢に破れてから町工場で働き始めた益田(生田)が、同い年であることから心を通わせ始めた同僚の鈴木(瑛太)が、17年前の連続児童殺傷事件の犯人ではないかと疑い、葛藤するさまを描く。

物語に絡めて、友人が大きな罪を犯していたことを知った場合、それまで通りの関係を続けるか聞かれた生田は「一度、二人の中で友情っていうものが芽生えたのであれば、続けていきたいっていうのは、本音だと思うけど、でも、それって少し綺麗ごとなのかなって気もするし。すごく難しいですね」と悩む。

また、同じ質問を受けた瑛太は「向き合うことはするかもしれないけど、それまでの仲よりは警戒心も生まれるし。例えば自分の家には子供がいて、そこに元少年Aのような犯罪を犯した人間を、自分の家に入れるっていうことがまずできなくなるし。僕はもしかしたら、少しずつ距離を置いて、友達を辞めるかもしれない」と語った。

生田斗真「手を差し伸べることをしてきただろうか」 (2/2)

映画「友罪」
2018年5月25日(金) 全国ロードショー

ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース