ジャニーズWEST・小瀧望がSPドラマに出演!「見どころは”リアル彼氏”感」

2018/05/16 05:00 配信

ドラマ

2018年6月に夜9時からフジテレビ系で放送されるSPドラマ「68歳の新入社員」に出演するジャニーズWEST・小瀧望

2018年6月に夜9時からフジテレビ系で放送されるSPドラマ「68歳の新入社員」に出演するジャニーズWEST・小瀧望

高畑充希と草刈正雄がW主演を務める2時間スペシャルドラマ「68歳の新入社員」(2018年6月、夜9:00-フジテレビ系)に、ジャニーズWESTの小瀧望が出演することが分かった。

同ドラマは、岡田惠和が脚本を務めるオリジナル作品。老舗の和菓子会社を舞台に、価値観、世代、性別、立場の違う28歳OLの工藤繭子(高畑)と、68歳の新入社員・仁井本和夫(草刈)がさまざまなハードルに立ち向かっていく。

小瀧は、繭子と同棲中の恋人・小野諒を演じる。カフェを営む傍ら、芸術活動もしている諒は、夕食を作って多忙な繭子の帰りを待つなど、とにかく優しい”癒し系男子”。キャリアウーマンである彼女を笑顔で包み込む諒は、繭子にとっては癒しの存在である。

また、小瀧の出演に加え、68歳の新入社員・仁井本の妻・文子役で原田美枝子の出演も決定。夫の再入社後を陰で支える一方、繭子と諒の関係にも影響を与えていく。

諒というキャラクターについて小瀧は、「こんなにナチュラルな役をやったことがなかったので、すごく新鮮に楽しんで演じることができました。人に対して”やってあげたくなる精神”は自分と似ていると思います。70%ぐらいは、いつもの僕と一緒なんじゃないですかね(笑)」とコメント。

また、キャリアウーマンの恋人を演じるにあたり小瀧は「僕自身も、『働く女性の味方でありたいな』っていうイメージはありますね」と告白し、

「仕事をバリバリやるキャリアウーマン、僕は好きです。仕事バリバリやって、家で見せてくれる無防備な姿っていうのは、男子の理想像じゃないですか?僕はすごい理想的です(笑)」と明かした。

さらに、「新入社員からリタイアされた方まで、すごく幅広い世代に共感していただいたり、通じるものがあったりする物語だと思います。28歳の上司と68歳の部下という、アンバランス感、デコボコ感やミスマッチ感みたいなものも楽しんでもらえたらと思います」と作品について語り、

最後には、「僕的な願望は、原田美枝子さん演じる文子さん世代、そして高畑充希さん演じる繭子さん世代からの支持を多く集められればなと思っています(笑)。見どころとしては、“リアル彼氏”感!」とアピールした。

「68歳の新入社員」
2018年6月夜9:00
フジテレビ系にて放送
【公式HP】https://www.ktv.jp/68/

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース