SKE48須田亜香里、握手会で「限界まで顔を近づける」その切ない理由

2018/05/16 18:08 配信

バラエティー

おブスであることを逆手に取った須田亜香里の握手会神対応とは?

おブスであることを逆手に取った須田亜香里の握手会神対応とは?

5月15日(火)放送の「有田哲平の夢なら醒めないで」(TBS系) では「おブス女子の愚痴大放出SP」と題し、SKE48の須田亜香里らがゲスト出演。須田は、AKB48グループの“神7”でありながら「おブス」扱いを受けていると怒りをぶちまけた。

AKB選抜総選挙で7位になっても「MVに全然映してもらえない!」と話す須田。「神7になったら、バンバン出られるようになるから、みんな頑張っていくんでしょ」と疑問を投げかける有田らに、「そうなんです。でも私は素材はあるはずなのに使われない」と紛糾した。

実際に49thシングル「好きなんだ」のMVを検証すると、サビの部分で須田が映っているのがわずか1.07秒と判明。「一瞬過ぎて、こうやってテレビで紹介される時に、番組さんの配慮でスローモーションになる」と自虐的な須田に、会場から笑いが漏れた。

「おブスと認識できない距離まで顔を近づけている」 (2/2)

関連番組

関連ニュース

画像で見るニュース