「再捜査刑事・片岡悠介シリーズ」関拓也GPが制作秘話を語る『悠介は本当に寺島進さんそのもの』

2018/05/23 08:00 配信

ドラマ

5月27日(日)夜9時より、寺島進主演の人気シリーズ第11弾「ドラマスペシャル 再捜査刑事・片岡悠介」(テレビ朝日系)が放送される。

放送に先駆け、第1弾からの歴史を知るゼネラルプロデューサー・関拓也氏が、作品の制作秘話を語った。

「再捜査刑事・片岡悠介シリーズ」は、警視庁の“お荷物”部署・再捜査班に追いやられた“鼻つまみ者”の刑事・片岡悠介(寺島)が、エリート刑事たちには解くことができなかった迷宮入り事件の謎を解き明かす人気シリーズ。

最新作では悠介が、12年前に天才バレエ少女を襲い、親友の母を殺した恐るべき殺人犯の正体を追う。

8年にわたって支持されてきた人気ミステリーである「再捜査刑事・片岡悠介」の誕生秘話について、関GPは「実はシリーズスタート当初、悠介は“名刑事”として描かれていました。

でも寺島さんに主演していただくからには人間味あふれる主人公を演じていただきたくて、寺島さんの人柄を投影したキャラクターへと少しずつ設定が変わっていきました。

悠介は本当に寺島さんそのもの。“分からないものは分からない”と堂々と言える刑事を、堂々と誕生させたら、変わったドラマができた…という感じでしょうか(笑)」と明かす。

レギュラーキャストについては「“再捜査班の刑事それぞれにも歴史がある”という側面を織り込んで、ストーリーに幅を持たせていますね。

原沙知絵さん演じる奥村澪は“ドS”で、金子貴俊さん演じる浅野直樹は“ドM”。7作目からは、さらにドSな班長・姉川恵津子役であめくみちこさんに加入していただきました。

俳優さんたちは、皆さん楽しんでキャラクターを作ってくださっています。

悠介の母・美智恵役の吉行和子さんには、“こんなやんちゃな息子がいるのもいいわね”と視聴者の方々に思っていただけるような母親像を演じていただいています。

この『再捜査刑事』では、よく刑事ドラマで出てくる小料理屋で捜査情報について語り合うというシーンが悠介と美智恵の家になっていて、みんなのたまり場になっています。悠介は、お母さんには全く頭が上がらない設定です(笑)」と解説。

また、今作での吉田羊演じる科捜研研究員・一二三祐希と悠介の関係について「悠介と一二三は長年、付かず離れず微妙な距離感で過ごしてきましたが、なんと今回は意外にも2人の関係に“決着”がつくんですよ! 

もしかして…結婚…の2文字が…!? とにかく2人に大きな動きがあるのでそこもまた注目していただきたいですね」と、気になる見どころを語った。

最新作の気になるストーリーは? (2/2)

「ドラマスペシャル 再捜査刑事・片岡悠介」
5月27日(日)夜9:00-10:52
テレビ朝日系で放送
ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース