生田斗真×瑛太が映画「友罪」で見せた“役者の覚悟”

2018/05/25 20:00 配信

映画

「心を許した友は、あの少年Aだった。」という、衝撃的なキャッチコピーがつけられた映画「友罪」が公開。生田斗真が元週刊誌ジャーナリストの益田を、瑛太がかつて日本中を震撼させた事件を起こした元少年犯の鈴木を演じている。

生田「益田と鈴木は同じ工場で働き始めたことにより、少しずつ友情を育んでいくんですが、そんなときに鈴木から過去に犯した罪を告白される。益田はそんな彼を根本では助けたい、支えたいと思っているけれど、やはり心のどこかに『こいつは何てことをしたんだ』という怒りや悲しみ、どうにもできない悔しさがあるんだと思います。益田にはそういう感情が一つに定まっていないところがあるので、今回は自分がどう演じるかよりも、常に瑛太のことを思い、感じることに集中してました」

瑛太「今回のお話をいただいたのは、斗真と『土竜の唄 香港狂騒曲』(2016年)を撮影していたときで、台本も原作も読んでいないけど、『斗真とだったらやる』と言っちゃったんですよね(笑)。その後に台本を読んで、この映画が結末を迎えたときに見てくださった方にどう感じてもらえるかを考えました。そして、この映画を作る意図をプロデューサー陣に聞き、今の日本映画に必要なものだと感じて、挑戦してみたいと思いました」

ある種の覚悟みたいなものが伝わってきた

原作は、薬丸岳のベストセラー小説。神戸の児童連続殺傷事件をモチーフにしたとされる作品で、作家自身が「発表するとき、喜びよりも先に恐れを抱いた」という問題作だ。

生田「とてもデリケートな題材なので、この映画を作ろうと決めたプロデューサーや瀬々(敬久)監督からも、ある種の覚悟みたいなものが伝わってきました。もちろん、それは俳優陣も同じで、事件には加害者と被害者がいて、こんな映画を作ったら加害者を肯定することになるんじゃないか、と言われる可能性があることも自覚しています。でも、僕らがやっているのはあくまでもフィクションで、事件そのものを描いているわけじゃない。それに映画のテーマの一つとして、人間はそんなに腐っていないとか、人間はこうあってほしいという願いが込められていたので、僕はそこに可能性を感じました。そして、その願いや希望の部分を担う存在が益田だったんだと思います」

瑛太「僕は鈴木を演じるにあたり、実際の少年Aの手記を読みました。現場でもその手記をずっとカバンの中に入れていたんですけど、それを読んだときに、絶対に否定ではない何かが僕の中に宿ってしまったんですよね。十数年しか生きていない少年が罪を犯すこと、育ってきた環境が違えば、自分にも可能性があったかもしれないというところに行き着いてしまったというか。鈴木を演じている間は、そういう葛藤がずっと頭の中にあったし、彼が犯した罪について考え続けていたので、撮影はとてもつらい日々でした」

すごく愛のある現場でした(生田) (2/2)

映画「友罪」
5月25日(金)公開
配給=ギャガ
監督=瀬々敬久/出演=生田斗真、瑛太、夏帆、山本美月、富田靖子、佐藤浩市ほか