佐野玲於&中川大志&高杉真宙&横浜流星が“公開告白” ファン800人沸く

2018/05/31 11:00 配信

映画

俳優の佐野玲於(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、中川大志、高杉真宙、横浜流星が30日、都内で行われた映画「虹色デイズ」(7月6日公開)完成披露試写会に出席し、主演4人がそれぞれ“公開告白”を実施。集まった800人のファンを沸かせた。

公開告白のコーナーになると、共演の山田裕貴が「きゃ~!」と大盛り上がり。佐野は「やらないからって…」と悔しそうな表情を浮かべつつ、告白順をじゃんけんで決定した。トップバッターになった横浜は「あのさ、この後俺んちくる?」、続く高杉は「俺が幸せにするので付き合ってください、よろしくお願いします!」とストレートな告白を披露した。

終始照れくさそうにしていた佐野は「告白っていうのもいろいろある。僕は控えめというか…。いろんな男子がいる」と前置きをした上で「ずっと見てるよ。ず~っと見てるよ…」とこれまでの2人とは異なるタイプのアプローチ。これには会場のファンも「あり」「なし」と意見が割れ、佐野も苦笑いだった。

中川は、これまで少女漫画原作の映画や放送中のTBS系ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」などで様々な胸キュンシーンを演じてきたとあって、一同の期待を背負っての大トリとなった。映画「虹色デイズ」を見た帰りというシチュエーションで「いやぁ、面白かったね。横浜くんかっこよかったよね。あれ?見て、虹出てる。見える?」と距離が近づいたところで不意打ちのキス。その後「行くよ!」とステージを駆け抜けると、「さすが」「すげ~」と共演者全員が感心していた。

「虹色デイズ」の原作は水野美波氏による人気漫画。男子高校生4人の青春を描く。

高杉と横浜との共演歴はあるものの、佐野と初共演となった中川は「パフォーマーの方っていう感じで、広いコンサート会場で踊っている印象があった。初対面の日、緊張していたけどフランクで腰が低くて、すぐホッとしました」と回想。高杉も「僕、人見知りなんで(佐野と)どうやって話そうかと思ったけど、心配いらずでフランクに話してもらった」と印象を語った。

昨年10月末には4人でプールに入るという撮影が敢行された。中川は「撮影が過酷で。ちょっと肌寒いわけですよ。朝9時から6時間以上プールに入り続けた。みんなで飛び込んで浮いたままセリフを言わないといけないけど、なかなか体が浮かなくて制服の中にビート板を仕込んだ」と苦労を明かした

イベントには吉川愛、恒松祐里、堀田真由、坂東希(E-girls/Flower)、飯塚健監督も登壇した。

映画「虹色デイズ」
2018年7月6日(金)公開
主演:佐野玲於(GENERATIONS from EXILE TRIBE) 中川大志 高杉真宙 横浜流星ほか
監督:飯塚健 『荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE』『大人ドロップ』
原作:水野美波「虹色デイズ」(集英社マーガレットコミックス刊)
脚本:根津理香 『君に届け』/飯塚健

↓↓横浜流星のグラビアを「WEBザテレビジョン」で配信中!↓↓

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース