「おっさんずラブ」最終回に称賛の声続出!【視聴熱TOP3】

2018/06/04 18:00 配信

ドラマ

6月3日付「視聴熱」デイリーランキング・ドラマ部門TOP3

6月3日付「視聴熱」デイリーランキング・ドラマ部門TOP3

webサイト「ザテレビジョン」では、6月3日の「視聴熱(※)」ドラマ デイリーランキングを発表した。

1位「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)146854pt

6月2日の第7話でついに最終回を迎えた。放送中~直後にかけてSNSはおおいに沸き、「#おっさんずラブ」が2週連続のTwitter世界トレンド1位になった他、国内でも関連ワードが続々ランクイン。その熱は1日たっても変わらず続いた。

最終回は、上海に転勤が決まった春田(田中圭)に黒澤(吉田鋼太郎)がフラッシュモブでプロポーズをし、春田は承諾してしまう。だが、結婚式で誓いのキスになると、牧(林遣都)とのキスを思い出す春田。黒澤は春田の背中を押し、春田は牧に改めて告白した。

ラストは春田と牧がイチャイチャするシーンにファンが大絶叫。「泣けた」「最高の最終回」などのコメントが。また、吉田や眞島秀和などを含め、キャスト陣への称賛も寄せられた。

2位「ブラックペアン」(毎週日曜夜9:00-9:54、TBS系)16590pt

6月3日に第7話を放送。渡海(二宮和也)は、帝華大に引き抜かれる。一方、東城大では、国産ダーウィン=カエサルを推進する厚労省・富沢(福澤朗)が、患者・祥子(相武紗季)の治験を持ち掛ける。それは東城大の患者リストを誰かが持ち出したことを意味していた。

治験コーディネーター・香織(加藤綾子)が過去に看護師だったことも明らかになり、患者の祥子との関係性に焦点が当たり物語が進んだ。

また、東城大・佐伯(内野聖陽)と日本外科学会の理事長選で争う帝華大・西崎(市川猿之助)の策略で東城大を去った渡海。ラストでは帝華大に流れていた患者リストを持って東城大を訪れる。そこで東城大の病院長・守屋(志垣太郎)の仕業だったことを追い詰めていく二宮の冷ややかな演技が話題に。

3位「コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」(フジテレビ系)7214pt

7月27日(金)に「劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」の公開を控え、6月2日の「めざましどようび」エンタメコーナーに山下智久、新垣結衣、戸田恵梨香、比嘉愛未、浅利陽介が登場。撮影現場に独占密着した映像や、キャスト陣のコメントが紹介された。

劇場版の公式Twitterでは、撮影セットの写真などがアップ。また、系列各局でドラマの過去シリーズが再放送中で、期待が高まっている。

webサイト「ザテレビジョン」の「視聴熱」ページでは、4~10位のランキングやバラエティーランキング、またウィークリーランキングも発表している。

※SNSや独自調査を集計、今熱い番組・人物・コトバからテレビの流行に迫る新指標

◆「視聴熱」デイリーランキングはコチラ↓↓◆


ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!